暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

新年

新年の挨拶メールの例文。上司や社外の取引先やお客様には?

新年挨拶

お正月休みもあっという間に終わり、年明けは溜まったメールのチェックから始まりますよね。

新年になって出勤初日は正月休みの雰囲気が抜けず、本調子になれないなんていう方もいると思います。

それでも各方面に早めに済ませておきたいのが

『 新年の挨拶 』です。

その送り先は

上司

社外の取引先

お客様

といろいろ。

このような相手への新年の挨拶メールの例文を調べてみました。

スポンサードリンク

新年の挨拶メールの例文。上司には?

新年の挨拶メールを上司に出す場合はどんな文面にしたらいいのでしょう。

本来、上司への新年のご挨拶は

  • 年賀状を出す
  • 直接伺ってする

というのが望ましいわけですが最近は

『虚礼廃止』

を推奨する職場も多いため上司へ年賀状は送らないという方もいると思います。

また新年早々から

  • 上司が出張
  • 自分が出向

このような理由で直接会って新年のご挨拶ができないというケースもありますよね。

そこで上司への新年のご挨拶をメールでする場合の例文をご紹介します。

○○課長  

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
○○課の○○です。

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

今年も一層仕事に邁進したいと思いますので、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

チェック!

上司によっては定型文のようなメールを好まない人もいますので、その場合は

・昨年お世話になったこと
・今年自分はどのように仕事を頑張るのか

など具体的な内容を盛り込んだ方がいいでしょう。

上司にメールを送っただけで安心することの無いよう上司の性格やメールを受け取ったときの印象にも気をつけたいですね。

件名はどうすればいい?

件名は「新年のご挨拶」や賀詞の「謹賀新年」などで構いませんが、スパムメールや取引先のメールなどと区別するために自分の名前も合わせて記しておく方がいいでしょう。

スポンサードリンク

新年の挨拶メールの例文。社外の取引先には?

社内はもちろんですが、大切な取引先にも新年のご挨拶をします。

本来は1件1件ご挨拶に伺うべきですが、年始にひとまずメールを送り後日改めてお伺いするのがいいでしょう。

そのメールも仕事始め初日の午前中までには全て済ませておきたいところです。

そのときに盛り込みたい内容は

・昨年のお礼や感謝

・年始の営業の案内

・今年もお付き合いをお願いする言葉

このようになります。

では社外取引先への新年の挨拶メールの例文です。

株式会社○○
○○部 ○○様

謹んで初春のお慶びを申し上げます。
○○株式会社 ○○課の○○です。

昨年は大変お世話になり誠にありがとうございました。

本年もより一層のサービス向上を目指し最大限の努力をする所存ですので、
何卒、本年も昨年同様のご支援をよろしくお願い致します。

また、弊社は本日より通常営業いたしております。
何かございましたら遠慮なくご連絡下さい。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年の挨拶メールの例文。お客様には?

営業先などお客様への新年のご挨拶も大事ですよね。

基本は定型文になりますが、一斉送信はやめておいた方がいいでしょう。

宛名や件名、アドレスや内容をチェックして1件づつ丁寧に送る方が間違いがなく安心です。

必要に応じて仕事の内容を盛り込んだりと相手によって文面の微調整も検討しましょう。

株式会社○○
○○部 ○○様

あけましておめでとうございます。
○○株式会社 ○○課の○○です。

昨年は格別のお引立てを賜り心より厚く御礼申し上げます。

新年は1月4日から平常営業とさせて頂きます。

これからもますます皆様に信頼していただけるよう社員一同邁進してまいりますので
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

あとがき

新年のご挨拶は最初に直接伺うことを前提として、それが難しい場合は早めにメールしておいた方がいいですね。

いざ仕事が始まると毎日忙しくなりメールを送ろうと思っていても次々仕事が増えていき、ついつい後回しになりがちです。

休み明けは急なミーティングやお客様からの呼び出しなど自分の予定にないことが突然発生するかもしれません。

そこまで想定した上でメールの例文を事前に何パターンか準備しておくと慌てずに済みます。

年始といえる日数も限られていますから、どのように時間を作るかという工夫も大事です。

今年も頑張りましょう!

スポンサードリンク

-新年
-