暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

バーベキュー

バーベキューの食材のおすすめは?変わり種は?量の目安は?

2018/07/07

バーベキュー 食材

家族や仲間と一緒に楽しむバーベキューですが食材はどんなものを準備していますか?

毎回定番の肉や野菜ばかりでも美味しいですが、たまにはちょっと違う変わり種も欲しいところです。

そこでバーベキューの食材について

おすすめは?

変わり種は?

量の目安は?

このようなことを調べてみました。

スポンサードリンク

バーベキューの食材のおすすめは?

肉と野菜ははずせない主役!

バーベキューで定番の食材といえば

肉と野菜

ですよね。

肉は牛・豚・鶏と種類もありますし、焼肉でもステーキでも串焼きにしてもいいですよね。

他にお子さんも大好きなフランクフルトやウィンナーもバーベキューの雰囲気を盛り上げます。

どうせならフライドポテトも一緒に調理して調味料やソースで味を変えて色々楽しめます。

調味料:
塩コショウ・焼き肉のタレ・おろし生姜・ガーリック・ケチャップ・マスタードなど

野菜はキャベツ・玉ねぎ・ピーマン・ニンジン・じゃがいも・ナス・シイタケ・にんにく・ネギ・かぼちゃ・アスパラ・トウモロコシと種類も豊富です。

ピーマンの肉詰めやアスパラのベーコン巻きなどにしてもいいですよね。

魚介類を加えてさらに豪華なメニュー

この他にあるとバーベキューがさらに豪華になるのが

魚介類

です。

エビ・イカ・あさり・ハマグリ・ホタテなどこのぐらい揃うとバリエーションも豊富で大満足ではないでしょうか。

口直しにはデザートを!

これでもちょっとまだ物足りない!

というような場合には

デザート

もあるとテンションが上がりますね。

女性やお子様には最後にちょっと口直しのデザートがあると喜ばれます。

ここまでが定番の食材です。

でも毎年同じでつまらない、飽きるなんて場合はさらに一工夫したいところです。

スポンサードリンク

バーベキューの食材の変わり種は?

ではバーベキューの食材で変わり種といったらなんでしょうか?

いつものバーベキューとは一味違うメニューをご紹介しますね。

  • お好み焼き
  • たこ焼き
  • 焼きそば
  • 焼きうどん
  • チャーハン
  • パエリア
  • 餃子
  • チーズフォンデュ
  • ガーリックトースト
  • ハンバーガー
  • 焼きおにぎり

どうでしょう?

バーベキューを鉄板でするか網でするかにもよりますがこの辺りのメニューも加えていくと断然バリエーションも増え面白くなっていきます。

目玉焼きを作ってハンバーガーに挟んだり明太子もあればパスタとかもいけそうですね。

箸休めや口直しは?

バーベキューですから焼くものばかりに目がいくのは当然ですが、箸休めや口直し的なものもあるといいですね。

アルコール飲む人に
お新香・キムチ・枝豆など

女性やお子さんに
サラダ・フルーツ・アイスなど

惣菜屋さんを利用したり冷凍食品や缶詰なども使えそうなものは使って行きましょう。

バーベキューの食材の量の目安は?

バーベキューの食材の量の目安ですが少なくても足りませんし逆に多すぎても余らせてしまいますので困りますね。

どのぐらいの量がいいのでしょうか?

食材の量の目安は(10人分)

お肉

2kg~3kg
※大人1人分:200g~300gぐらい

野菜

キャベツ 1/2個
ピーマン 5個
ナス 3個
ニンジン 1~2個
シイタケ 5個
じゃがいも 5個
トウモロコシ 5個
など

肉と野菜はこのぐらいで十分ですね。

ただ他に魚介類もあってドリンクも十分用意するとなるとちょっと多すぎるかもしれません。

その時はここに書かれた全部を用意するのではなく必要なものだけ選択するようにしてください。

一緒に行くメンバーによってもかなり差があります。

中高生や20代の若者中心
⇒お肉を割り増しして他のものを減らす
中高年ばかり
⇒全体量を少な目にする
スポンサードリンク

あとがき

バーベキューの食材は色々と選べます。

後はどんなメンバーが一緒に行くかによって準備するものや分量が変わってきます。

せっかく揃えた食材を余らせてしまうのはもったいないのであえて足りないぐらいにしておくのもいいと思いますよ。

帰りは車で涼しいレストランに寄ってみんなで夕食をとってから帰るというのも昼間のバーベキューと違った楽しみがあっていいですね。

スポンサードリンク

-バーベキュー
-