暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

お中元

お中元の時期いつからいつまで?誰に贈るもの?熨斗は外のし?

2018/07/07

お中元

夏になるとお中元の季節ですが、初めて贈る場合は知らないことも多いと思います。

しっかり調べて早めに準備しておきたいですよね。

そもそもお中元って

いつからいつまでに贈るもの?

誰に贈るもの?

熨斗は外のし?それとも内のし?

そこで

お中元のことについて調べてみました。

スポンサードリンク

お中元はいつからいつまでに贈るもの?

そもそもお中元とはどのようなものなのでしょうか。

お中元とは

暑い夏の時期に日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちを表す日本古来からの風習のことです。

お中元を贈る相手はお世話になっている大切な方ばかりですから失礼のないように準備しないといけません。

そこで注意したいのが

お中元を贈る時期のことです。

贈る時期は地方や地域により違うこともあります。

早すぎても遅すぎても相手に失礼ですので早めに調べておいた方がいいでしょう。

◆ お中元の時期 地方別一覧表

地域 時期
北海道 7月15日~8月15日
東北 7月初旬~7月15日
関東 7月初旬~7月15日
北陸 7月初旬~7月15日
※一部7月15日~8月15日
東海 7月15日~8月15日
近畿 7月15日~8月15日
中国・四国 7月15日~8月15日
九州 8月1日~8月15日

この表のお中元の時期はおよその目安です。

各地方のお中元の時期は関東地方の影響もあり全国的に早まる傾向にあるようです。

地方のお中元時期を知る裏技は?

遠方の方に初めてお中元を贈る場合は相手の方が住む地元の百貨店に最近のお中元事情を伺うのが一番です。

お中元を贈る時期について以下のようなことを尋ねてみましょう。

・地域や地区で時期は違う?

・長く住んでいる方と最近引越してきた方では違う?

・年配の方と若い方では違う?

・最近のお中元の傾向など

地元の百貨店で毎年お中元の受付をされているところであれば、このようなお中元に関する情報はいろいろと伺えると思います。

こちらの送る側の常識とは異なることがあるかもしれませんので一度確認してみると参考になるでしょう。

スポンサードリンク

お中元は誰に贈るもの?

お世話になった人に贈るお中元ですが日頃お世話になっている人って色々といますよね。

日頃お世話になっている人といえば

両親・兄弟姉妹・親戚・上司・恩師・仲人・主治医など・・・

そんなときは

誰に贈ればいいのでしょうか?

このように身の回りにお世話になっている人は色々といますが、その全ての人に贈る必要はありません。

お中元は一度贈ると毎年のやり取りになるため長く深くお世話になる人に対して贈るといいでしょう。

贈る前に気をつけたいことは

社内の上司へ贈る場合
最近は社内でお中元やお歳暮などの贈り物を禁止する会社も増えていますので上司に贈る場合は会社のルールも確認しておきましょう。

今年だけお世話になった人に贈る場合
今回だけ、または今年だけお世話になった方へ贈る場合はお中元とはしないでお礼とした方がいいですね。

お中元の熨斗は外のし?

お中元で品物にかける熨斗って・・・

外のし?

内のし?

どちらなんでしょう?

品物を購入する時にきかれたら何と答えますか?

まず外のしと内のしの違いについて知っておきましょう。

外のしと内のしの違いとは
外のしとは
⇒包装紙の上に熨斗をかける方法
※熨斗をつけるのは包装した後になります。

内のしとは
⇒包装紙の内側に熨斗をかける方法
※箱に熨斗をつけてから包装します。

お中元の熨斗をかける場合は外のしも内のしもどちらの場合もあります。

ではどういうときに使い分けるのかというと持参する場合と配送する場合で分けることが多いようです。

持参して直接渡す場合は外のし
相手に渡したときにどのような用件かすぐわかるようにするためです。
配送する場合は内のし
控えめな気持ちを表すことや配送なのでのし紙が汚れたり破れたりしないように配慮するためです。

つまりどのように品物を渡すかによって使い分ける程度でお中元は外のしや内のしにしないといけないような厳密な決まりはありません。

また持参する場合でも内のしで包装する場合もあります。

地域や家庭で熨斗のつけ方に習慣やルールがある場合はそれに従うのがいいでしょう。

スポンサードリンク

あとがき

お中元について時期や相手、熨斗について調べてみました。

お中元の件数が多いと準備も大変ですので出来るだけ早めに始めるのが良さそうですね。

余裕がある方がしっかりと手配もできて安心です。

スポンサードリンク

-お中元
-,