暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

敬老の日

敬老の日の手作りプレゼント。幼児や子供でも簡単なものはコレ!

2018/07/14

敬老の日

もうすぐ敬老の日

おじいちゃんやおばあちゃんに会うのも久しぶりですね。

実家に子供たちを連れて行くと喜んでくれますから、今年の敬老の日は子供の手作りプレゼントを渡してみてはいかがですか?

きっと、おじいちゃんもおばあちゃんも感激してくれますよ!

そこで幼児や子供でも簡単にできるものを調べてみました。

スポンサードリンク

敬老の日の手作りプレゼントならコレ

子供が一生懸命に作った手作りのプレゼントは多少下手でも心がこもっていますから貰う側にとっても嬉しいものです。

お子さんが幼くて、文字が書けなくてもママがサポートして一緒に作れば素敵なプレゼントが完成しますよ。

敬老の日の手作りプレゼントのアイデアをご紹介しますね。

似顔絵

幼児でも絵を描くことには興味がある子は多いですよね。

定番ですがクレヨンや色鉛筆でおじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵を描くのはおすすめです。

どんな似顔絵になるか興味がありますよね。上手にできたら誉めてあげましょう。

折り紙

お子さんと一緒に折り紙を折ってプレゼントするのもいいかもしれませんね。

お子さんが興味を持てばいろいろな形に挑戦するかもしれません。

お花などがプレゼント向きですね。たくさん作って台紙に貼り付けるのもいいでしょう。

手作りアルバム

家族写真をプリントしてママが切り取ったら、お子さんが台紙に糊で貼り付ける手作りアルバムです。

糊で貼り付けるだけだから簡単ですよね。お子さんやご家族の普段の生活の様子が見られていいと思います。

レイアウトはお子さん任せで写真が重ならないように上手に貼れればOKですね。

幼いお子さんは台紙の端の方にサインの代わりに手形を入れるのもかわいいと思います。

老眼鏡入れ

日頃から老眼鏡を使っているようなら老眼鏡入れもいいですね。

材料は牛乳パックなどを利用してママがはさみで形を作ってあげたら、あとはお子さんが周りに折り紙を貼って飾り付けをしたり絵を描いたりすれば出来上がり。

立派な手作りの老眼鏡入れが完成です。

スポンサードリンク

肩たたき券

文字が書けるようなら、画用紙にひらがなで「かたたたきけん」と書いてプレゼントするのもおすすめです。

文字が書けるようになったことを喜んで誉めてくれるかもしれませんね。

当日渡したら早速使ってもらいましょう。おじいちゃんもおばあちゃんも子供たちとの触れ合いは楽しいものです。

肩たたきをきっかけに一言二言孫と話ができるだけでも嬉しいと思います。

絵手紙・メッセージカード

文字が書ければお手紙に挑戦してみるのもいいかもしれません。

子供らしい言葉で間違ってもいいので、簡単な文章と似顔絵を画用紙に書いて二つ折りにすれば素敵な手作りメッセージカードになります。

何を書いたらいいのかわからない時はママが側にいてアドバイスしてあげましょう。

メッセージ文は

「じいじ、ばあば いつまでもげんきでいてね」

「じいじ、ばあば いつもありがとう」

このような感じでいいと思います。

あとはお子さんの名前も書きましょう。

画用紙ですからメッセージカードにしては多少サイズが大きいですが、子供が一生懸命作ったと思うと可愛いものです。

子供が作っている様子を動画で撮影するのもおすすめ

おじいちゃんやおばあちゃんのことを思いながら、お子さんが夢中で作っている様子を動画に撮っておくのもおすすめです。

当日プレゼントを渡した後に見ると、おじいちゃんやおばあちゃんも感心してくれると思います。

動画は子供の「できたっ!」の声で終了です。

関連する記事

敬老の日のメッセージカードの例文。心のこもったお祝いの言葉は?
敬老の日はいつ?意味や由来と何歳からお祝いするの?

スポンサードリンク

あとがき

手作りのプレゼントは、お子さんがおじいちゃんとおばあちゃんのことを思って、わからないなりにも楽しく作っていることが重要です。

ママはケガしないように側で見守ってあげて必要なときには手伝ってあげれば十分です。

おじいちゃんやおばあちゃんにとってお孫さんは可愛くて仕方ないですから、きっと何をプレゼントしても喜んでくれると思います。

本当はお孫さんの笑顔だけでも十分癒されるでしょう。

プレゼントが完成したらお子さんから直接渡してあげるのがいいですね。きっと喜ばれます。

素敵なプレゼントが出来上がるといいですね。

スポンサードリンク

-敬老の日
-