暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

ホワイトデー

ホワイトデーのお返し。彼女が大学生なら相場はいくら?おすすめは?

2017/09/18

ホワイトデー

もうすぐ3月14日、ホワイトデーですね。

バレンタインデーにもらったチョコのお返しは何にするか決まりましたか?

もしかしたら

大学生の彼女へのお返しに

いくらぐらいが相場なのか

どんなプレゼントがおすすめか

悩んでませんか?

そこでホワイトデーのお返しについて調べてみました。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返し。彼女が大学生なら相場はいくら?

ホワイトデーのお返しでまず気になるのは

いくらぐらいのお返しがいいのか?

ということですよね。

他の人は普通どのぐらいの金額のお返しをしているのでしょうか。

一般的に大学生の彼女へのお返しの金額は

およそ5,000円~10,000円

このぐらいが相場とされています。

でもこれは

彼氏が学生なのか社会人なのか

どんなプレゼントをもらったのか

それによっても変わってきます。

(彼氏が学生の場合)
彼氏が学生であればまだ安定した収入がないため5,000円ぐらいでも十分なお返しといえるでしょう。

(彼氏が社会人の場合)
社会人であれば大学生の彼女よりも年上で毎月の収入もあるとすれば5,000円以上10,000円以内ぐらいがお返しの目安になります。

でも彼女は本当に5,000円~10,000円ぐらいのお返しで満足してくれるのでしょうか?

これは一般的な相場で実際は何を贈って何をお返ししてくれたのかよりますのでお返しの品の金額だけでは判断が難しいところです。

お返しの金額は気にしない

彼が自分を好きならそれでいい

彼女はこのように言うかもしれません。

確かにそれも嘘ではありませんし、本心からそう思っている女性も大勢いるはずです。

しかし彼女の立場なら贈ったプレゼントと同等以上のお返しは期待したとしてもおかしくはありません。

そのため彼女を喜ばせたいなら貰ったプレゼントと同等から2倍ぐらいの金額を目安にお返しを選ぶといいでしょう。

つまりバレンタインにいくらぐらいのどんなプレゼントを貰ったのかということが判断の基準になります。

高価なプレゼントをもらったら?

バレンタインデーにもらったプレゼントが高価なものだったら、1万円のお返しでも安すぎてしまうこともあるかもしれません。

そのときはお返しもそれに見合ったものにする必要があります。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返し。彼女が大学生ならおすすめは?

大学生の彼女にホワイトデーのお返しをするならどんなプレゼントがいいのでしょう。

おすすめのプレゼントは3つあります。

アクセサリーを贈る

プレゼントの定番のアクセサリーはいくつあっても嬉しいものです。

アクセサリーをもらうならやっぱり彼氏からのプレゼントがいいですよね。

価格も安いものから高いものまで幅広くありデザインも豊富なので予算に合わせて選びやすいです。

あとは彼女の好みを知っておく必要があります。

参考程度に

女子に人気のアクセサリーのブランド

・4℃
・ティファニー
・スタージュエリー

身に着けるものですからブランドやデザインなど彼女が好きなものをあらかじめ調べておくといいでしょう。

難しい場合は一緒に買い物に出掛けてお揃いのアクセサリーを買うというのもいいですね。

バックを贈る

いくつあっても困らないといえばアクセサリーの他にはバッグです。

男性は一つあれば十分なバッグですが女性はその日の目的やファッションによってバッグも着替えます。

アクセサリー同様に彼女の好みのブランドを調べておくといいでしょう。

バッグもブランドや素材次第では安価なものから高価なものまで幅広くあります。

彼女が普段どんなショップで買い物しているのかなど情報集めも必要ですね。

参考程度に

女子に人気のバッグのブランド

・サマンサタバサ
・マイケルコース
・ケイトスペード

食事をご馳走する

ホワイトデーなのでデートで食事をご馳走するというのもいいですね。

普段行かないようなワンランク上のレストランを予約すれば特別感があっていいでしょう。

できれば形に残らない食事だけでなく一緒にプレゼントも用意するとさらにいいと思います。

関連する記事

ホワイトデーのお返しに意味がある。本命と義理に何を贈ればいい?
ホワイトデーのお返しがないのは脈なし?片思いの彼の心理は?

スポンサードリンク

あとがき

ホワイトデーのお返しはどんなものにするか決まりましたか。

お返しの金額は人並みなら問題ないでしょう。

あとはアイデアです。

彼女の今欲しいものや好きなものや好みをどのぐらい知っているかという点でも彼女の喜び具合も違うでしょう。

ホワイトデー頑張ってください。

スポンサードリンク

-ホワイトデー
-