暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暖房

エアコンの暖房はつけっぱなしの方が電気代を節約できるの?

2017/09/22

エアコン 暖房 つけっぱなし

エアコンの暖房は快適ですが、冬は電気代が高いですね。

少しでも節約しようと部屋が暖まったら一旦エアコンを消します。

でもすぐ寒くなるんですよね。

そうやって何度も暖房のオンオフをを繰り返すのはかえって電気代がかかるとも聞きます。

外出するときも寝るときもエアコンはつけっぱなしの方が電気代が安くなるのでしょうか。

そこで

エアコンの暖房はつけっぱなしの方が電気代を節約できるの?

について調べてみました。

スポンサードリンク

エアコンの暖房はつけっぱなしの方が電気代を節約できるの?

エアコンの暖房はつけっぱなしの方が電気代を節約できるのでしょうか。

つけっぱなしの方が電気代が安くなった

という人と

逆に高くなった

という人もいるようです。

どうして人によって違うのでしょう?

それはこのようなことが関係していると思われます。

エアコンを使う環境

エアコンの使用時間

エアコンの省エネ性能

ではそれぞれ詳しく見てみましょう。

エアコンを使う環境の違い

エアコンを使う環境は人それぞれです。

  • 地域
  • 時間帯
  • 外気温
  • 室温
  • 設定温度
  • 気密性

暖房の消費電力は気温の高低によっても変動するため日々の外気温や室温によっても消費する電力が異なってくるわけです。

エアコンの仕組み上、外気温が低くなると奪える熱も少なくなり、部屋を設定温度まで暖めるためには余計に電力が必要になります。

設定温度もリモコンで自由に変更できるため皆一様とは限りません。

エアコンを使う部屋の気密性によってもエネルギーの効率は違うでしょう。

そのためエアコンを使う環境だけを見ても人によって条件が異なり一概につけっぱなしの方が電気代が安いとは判断できないのです。

スポンサードリンク

エアコンの使用時間の違い

エアコンの使用時間も各々の生活のリズムで違います。

  • 短時間しか使わない人
  • 長時間使う人
  • 月に数日しか使わない人
  • 毎日使う人

これは極端な例ですが、実際はもっといろいろなパターンがあります。

エアコンは立ち上がりの時が一番電力を使い室温が設定温度になるにつれて消費する電力もさがります。

そのた暖まった部屋をどれだけ長く維持できるかが節電には重要なポイントです。

何度もオンオフを繰り返して部屋が冷えてから暖めなおすのは余計な電気代がかかります。

長時間使う場合は暖まった部屋を冷やさないようにエアコンをつけっぱなしにする方が省エネになるわけです。

しかし短時間しかエアコンを利用しない場合は、トータルの電気代が24時間つけっぱなしにするよりも安くなる場合があります。

このようにエアコンの使用時間だけをみても日頃どのぐらい使用しているかによってつけっぱなしの方が安くなる場合とそうでない場合があります。

エアコンの省エネ性能の違い

エアコンの省エネ性能は年々進化しています。

10年から15年前のエアコンであれば買い替えた方が月々のエアコンの電気代が安くなることもあります。

最新の省エネのエアコンであれば、つけっぱなしの方が電気代が安くなるかもしれません。

ただこれも機種の性能や使用する環境、また使い方によって消費電力や電気代も変わるため簡単には判断できません。

エアコンの電気代を安くするには?

つけっぱなしの方が電気代が安くなった、また逆に高くなったというのはこのようにエアコンを使用する条件がそれぞれ違うためです。

必ずしも自宅のエアコンもつけっぱなしの方が安くなると安易に判断するのはやめておいた方がいいでしょう。

どうしたら電気代は安くなる?

エアコンの電気代を安くするには、実際にご自宅のエアコンを使って検証してみるのが確実です。

その際は外気温、室温、湿度、設定温度、使用時間、オンオフの回数など詳細にデータをとっておくのがいいですね。

また、エアコンの電気代の検証なので他の電化製品の利用の仕方が月によって著しく変わることのないようにしておきましょう。

1ヶ月間つけっぱなしの状況と比較してどちらが電気代が高くなったのか、またどちらの方が安くなったのか知ることができます。

このデータは自分自身が自分の家のエアコンで実際に調べた一番信頼できるデータになるためこれ以上のデータはありません。

関連する記事

エアコンの暖房が効かない原因は?対策方法を確認しておこう!
エアコン暖房の設定温度の適温は?電気代は節約できる?寒い場合は?
エアコンの暖房の電気代は1時間いくら?計算方法は?節約するにはどうすればいい?

スポンサードリンク

あとがき

正しいデータがとれれば、毎年の暖房はどのように運転すれば効率がいいのか電気代が安くなるのかがわかると思います。

無駄に電気を使わず電気代も安くなって、なおかつ快適に過ごせるのが一番いいですね。

関連記事

-暖房
-,