暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

お盆

お盆休み2018年はいつからいつまで?一般企業・銀行・病院他

お盆休み

夏の連休といえばお盆休みですよね。

田舎へ帰省する人や旅行に出掛ける人など過ごし方も様々です。

そのお盆休み、今年2018年の期間はいつからいつまでなのでしょうか?

期間は業種によっても異なります。

一般企業や銀行、病院などのお盆休みの期間についてご紹介します。

スポンサードリンク

お盆休み2018年はいつからいつまで?

お盆休みはいつからいつまでなのでしょうか。

最初にお盆休みのお盆についてご紹介します。

お盆とは

そもそもお盆とは何でしょうか?

それは祖先の霊をまつる行事のことです。

詳しくは死者の霊を祀る仏教行事(盂蘭盆会)と先祖供養の信仰などが混ざっていったものという考え方があるようです。

現代のお盆はというと

年に一度祖先の霊が帰ってくる期間

迎え火を焚き祖先が迷わず来られるようにお迎えし戻って来た祖先の霊を供養してお盆の期間が過ぎると送り火を焚いてお送りします。

このお盆の期間は明治時代に暦が変わり地域によって3つ(旧暦7月15日、新暦7月15日、新暦8月15日)に分かれます。

中でもお盆というと一般的なのは新暦の8月15日を中心とする期間

8月13日から8月16日の4日間

を示すことが多いでしょう。

一般企業のお盆休みの期間は?

土日祝日が休みの企業の場合、お盆休みの日程はおよそ8月13日から16日までの4日間です。

ただ今年2018年は会社にもよりますが8月11日の山の日が土曜日にあたるため8月11日から8月16日までの6日間がお盆休みとして連休になるところが多いでしょう。

カレンダーで見ると下記のようになります。

他に製造業などの場合は取引先のお盆休みの期間にも左右されることがあります。

また大企業であれば長いところでは8月11日(土)から8月19日(日)まで9連休ということもありえるでしょう。

スポンサードリンク

銀行・郵便局・行政機関のお盆休みの期間は?

銀行や郵便局、市役所や区役所などの行政機関のお盆休みはカレンダーどおりというのが一般的です。

そのため8月11日(土)と8月12日(日)という2日間の連休です。

病院のお盆休みの期間は?

病院のお盆休みもカレンダどおりというのが一般的です。

そのため8月11日(土)と8月12日(日)という2日間の連休です。

また開業医の場合は病院によりそれぞれですので、まとまったお盆休みを取るところもあります。

お盆になる前に確認しておいた方がいいでしょう。

サービス業のお盆休みの期間は?

サービス業は仕事内容にもよりますが多くの人が連休に入るためレジャーや観光関係の仕事の一部では繁忙期になります。

そうなるとお盆休みはありません。

逆にお盆の時期は毎年閑散としているショップも多くあります。

そのような場合でも営業は通常通りというところが多く、仕事に支障がでないように人員調整して交代で休みをとるようにしています。

スポンサードリンク

あとがき

お盆休みは土日休みの一般企業の方が連休が長いことが多く、前後の土日とつながる年は長期連休が期待できます。

また逆に銀行や郵便局や病院などの場合はカレンダー通りというところがほとんどですので利用する側は助かりますが、働いている側としてはちょっと不満もあるかもしれません。

とくにサービス業の場合は混雑状況にかなり左右されますので、まとまった休みは期待しない方がいいでしょう。

まとまったお休みが取れた方はぜひ有意義に過ごされてくださいね。

関連記事

-お盆
-