暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

害虫

蚊は部屋のどこから入る?どこに隠れる?見つからない時は?

蚊

夏になるとどこからともなくやってくるのが

ですよね。

部屋のドアや窓を締め切っていても入ってくるので不思議です。

どこから入ってくるのでしょうか?

部屋の中を飛び回る蚊が一匹いるので捕まえようと探してみるけど中々見つからないなんてことありませんか?

そこで

蚊は部屋のどこから入る?

蚊はどこに隠れる?

蚊が見つからない時は?

このような蚊についてご紹介します。

スポンサードリンク

蚊は部屋のどこから入る?

蚊は部屋のどこから入ってくるのでしょうか?

侵入経路として考えられる場所はいくつかあります。

玄関

玄関はドアを開け閉めしていれば蚊の1匹や2匹入ってきてもおかしくはありません。

家に入るときに服について一緒に入ることもあるでしょう。

また郵便受けがついているドアはそのわずかな隙間から入ってくることも考えられます。

郵便受け

窓が半開きになっていると窓と網戸の間に隙間ができてしまい、そこから入ってくることもあります。

また長く使っていた網戸に穴が開いていたなんてこともあるので確認してみてください。

網戸隙間

換気扇

換気扇は回している時は室内の空気を外に排気していますが常時回っているわけではありません。

そのため蚊のような小さな虫であれば開閉するフタの隙間から入ってくることも可能です。

換気扇

排水口

排水管には通常トラップがあり中に水がたまる仕組みになっています。

この水があれば蓋の役割となりますので蚊も入ってはきません。

風呂や洗濯機の下水配管などでトラップが無い場合は蚊が侵入することも考えられます。

排水口

エアコンのホースと壁の隙間

エアコンは水を屋外に排水するためにホースが出ています。

通常は画像のように隙間なく工事されていますがもし壁との間に隙間ができていると蚊が侵入してくる可能性もあります。

エアコンの配管

換気口

よくマンションの部屋で見かける換気口は湿気がこもらないように通常は開けておきます。

しかしこの換気口の穴でも蚊のような小さな虫なら簡単に入ってくることができます。

換気口

スポンサードリンク

蚊はどこに隠れる?

蚊は飛んでいる時は見つけやすいですが一旦とまると小さいので見つけにくいものです。

蚊はどこに隠れているのでしょうか?

部屋の中で蚊が好む場所は主に二つあります。

それは暖かい場所と暗い場所です。

暖かい場所

暖かい場所とは約25~35℃ぐらい温度になるテレビの裏側やオーディオ機器や電話、またケーブル周りなどです。

また日中に陽を浴びて暖まっているカーテンなどにとまっていることも多いです。

暗い場所

暗い場所とは家具の隙間や裏側などになります。

他に寝ている時にプーンと羽音が聞こえたら枕や布団の周りにいることもあります。

蚊が見つからない時は?

蚊が見つからない時はおびき寄せるという方法を見かけます。

でも、それって面倒じゃないですか?

もし今いる部屋のどこかに蚊がいるならのんびりおびき寄せるよりもすぐ退治できた方がいいと思います。

様々な殺虫剤が出ていますので自分に合ったもの使って退治しましょう。

因みに我が家では昔からスプレータイプで応戦しています!

飛んでいれば一発で仕留めることが可能です。

どこに飛んで行ったのか見つからないという場合は部屋の中で蚊が好みそうな場所にスプレーを撒きます。

部屋のあらゆる個所に撒いておけば、その後は被害にあわなくて済みます。

ただ小さいお子さんや赤ちゃんがいるご家庭では使用上の注意をよく読んでから正しく使用しましょう。

スポンサードリンク

あとがき

毎年、悩まされる蚊についてご紹介しました。

部屋で蚊に刺されないようにするためには、まず蚊の侵入を出来る限り阻止することが大事です。

侵入経路を考えて出来る限りの対策はしておきましょう。

それでも室内に蚊がいるときは蚊のいる場所を把握したうえで殺虫剤で応戦するのがベストだと思います。

あまりにも毎日のように蚊が飛んでいるということなら「蚊がいなくなるスプレー」などが人気ですから検討してみるといいでしょう。

蚊がいなくなるスプレー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蚊がいなくなるスプレー 200日用 45ml【stamp_cp】【stamp_005】
価格:996円(税込、送料別) (2018/6/10時点)

これで快適に過ごしてくださいね。

関連記事

-害虫
-