暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

お盆

お盆玉とは何?相場はいくらぐらい?ポチ袋もあるの?

お盆玉

お盆玉って知っていますか?

聞いたことある!

という方もいるかもしれませんが

お盆玉とは何なのでしょう?

いつから始まったの?

なんて思っている人もいますよね。

そこで

お盆玉とは何?

お盆玉の相場はいくらぐらい?

お盆玉のポチ袋もあるの?

このようなお盆玉のことをご紹介します。

スポンサードリンク

お盆玉とは何?

お盆玉は簡単にいうと冬のお年玉の夏バージョンのことです。

お盆玉とは夏にお孫さんや親せきの子供たちにあげるお小遣いのことなんです。

夏にお年玉では変ですよね。

夏のお盆だから・・・お盆玉!

というわけです。

でも、そんなこと知らない人もたくさんいますよね。

なので全国的な知名度でいえばまだまだかもしれません。

でも身近に「お盆玉」って聞いたとき

え!何それ?

知らないの自分だけ!?

と一人焦ってしまうかもしれません。

そこでお盆玉についてもう少し詳しく調べてみました。

お盆玉はいつからはじまった?

お盆玉という呼び名が誕生したのは2010年になります。

山梨のマルアイという会社がポチ袋をつくり「お盆玉」として発売したのが始まりです。

そのお盆玉が広まったきっかけは郵便局が2014年からお盆玉のポチ袋の取り扱いを始めたことです。

しかし、お盆玉の風習そのものは実はもっと古くからありました。

お盆玉の由来

お盆玉が始まったのは江戸時代に遡ります。

山形県の一部地域ではお盆になると奉公人に衣服や下駄を渡す風習があったそうです。

これが昭和初期には子供にお小遣いをあげる習慣に変わっていったのが始まりのようです。

スポンサードリンク

お盆玉の相場はいくらぐらい?

お盆玉の相場はいくらぐらいなのでしょう?

お盆玉の相場ははお年玉と同じぐらいになります。

だいたいの目安は下記のようになります。

・小学生1,000円~3,000円ぐらい

・中学生3,000円~5,000円ぐらい

・高校生5,000円~10,000円ぐらい

お盆玉をもらう子供たちは嬉しいですね。

年1回のお年玉が夏にお盆玉として貰えるわけですから嬉しいでしょう。

逆にあげる側としては一度あげると毎年あげることになるので大変と思う方もいるようです。

でも遠方から孫や親せきの子供たちが遊びに来てくれるのは嬉しいことです。

なので半年に一度の出費は仕方ないかもしれませんね。

お盆玉のポチ袋もあるの?

お盆玉用のポチ袋も販売されています。

こちらのイラストはイメージですが、このようなお盆玉と書かれた袋になります。

お盆玉 ポチ袋

お年玉のポチ袋に比べて時期が夏ということもあり夏らしい涼しげな絵柄のものもあります。

(金魚、かき氷、スイカ、レモン、ひまわり、入道雲、イルカ、ヨット、かに、花火など)

お盆玉袋はどこで買える?

お盆玉袋は郵便局で購入することができます。

※2枚~3枚入りで162円~324円ぐらい

他には文房具店やロフトなどの商業施設やデパート、またネット通販でも販売されています。

100円均一のダイソーなどではお盆玉とは書かれていない通常のポチ袋ならあると思います。

コンビニは店舗によって取扱い品目が異なりますので近所の店舗で確認してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

あとがき

お盆玉についてご紹介しましたが現在はまだまだ知らない方も多いかもしれません。

しかし夏のお盆の時期になると毎年テレビなどで紹介され注目度は年々増してきているような感じです。

あげる側が知らなくてももらう側の子供達の間では学校でお盆玉の話題がでているかもしれません。

家庭によってもそれぞれ事情は異なりますので親戚同士で相談してからはじめるのがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

-お盆
-