暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

餞別

餞別の品を男性に贈るなら何がいい?相場と転勤や退職におすすめなもの!

御餞別

会社員をしていると職場で転勤や退職される方もいますよね。

そんなときに餞別を贈りますがどんな品物がいいか迷いませんか?

いくらぐらいのものがいいだろう?

どんな品物がいいのだろう?

そこで餞別の品で男性に贈る場合の相場とおすすめなものをご紹介します。

スポンサードリンク

餞別の品を男性に贈るときの相場はいくら?

餞別の品を男性に贈る場合の相場についてご紹介します。

実際に転勤や退職などのときに職場で行うことも様々です。

餞別を渡す

餞別はなしにして送別会を開く

送別会を開いて餞別も渡す

また餞別は個人で渡すケースと職場の部署やグループ単位でお金を出し合って渡すケースもあります。

個人で渡す場合

一人3,000円~5,000円程度です。

渡す側と受け取る側の関係性にもよります。

部署やグループで渡す場合

一人500円~3,000円程度です。

この金額は一般的な餞別の相場になります。

大勢でお金を出し合う場合にはそれぞれ事情があって払いたくない人がでてくることもあります。

妥当な金額については職場によってもかなり幅がありますので一概にはいえません。

社員やパートなど立場もそれぞれですので、よく相談して決めた方がいいでしょう。

パートやアルバイトの負担は軽くする

職場の人がどんな構成なのかにもよりますが、社員が多いならパートやアルバイトの人は免除するなど臨機応変に対応しましょう。

他にも役職者や社員が少し多めに負担してパートやアルバイトの人の負担する金額が少なくなるように配慮するといいでしょう。

スポンサードリンク

餞別の品を男性に贈るなら何がいい?

では餞別に贈る品物はどんなものがいいのでしょう。

転勤や異動の場合

転勤や異動の場合には仕事で使える実用的なものがおすすめです。

安いボールペンを使っている部下には予算の範囲内で少し高級なボールペンなどもいいでしょう。

毎日の仕事で一番使うボールペンですが、ブランド品は自分では中々買わないものです。

ネクタイ、カードケース、PCグッズ、筆記具など

転職の場合

転職の場合にも転勤同様に次の仕事で使えるものというのは喜ばれると思います。

その他にとなると仕事以外でも日常使える小物などはいいですよね。

名刺入れ、財布、パスケースなど

定年退職の場合

退職でも定年退職の場合は特別ですね。

これまでお世話になった感謝の気持ちを込めて選びましょう。

例えば退職後はのんびりとご夫婦水入らずでご旅行でもと旅行券などもいいと思います。

花束、旅行券、食事券、ギフトカード

定年退職の方には職場の思い出として寄せ書きなどもいいですね。

同じ職場の人からのお礼や感謝、また労いの言葉などは後から見ても懐かしく嬉しいでしょう。

餞別の品にNGなものは?

餞別に贈る品物としては相応しくないものもありますので注意が必要です。

中には若手なら良くて上司や先輩など目上の人に贈ると失礼にあたるものもあります。

・櫛・・・
櫛は9と4という数字から「苦」と「死」を連想させるので。

・ハンカチ・・・
ハンカチは「手巾(てぎれ)」といって「手切れ」を連想させるので。

・下着・・・
生活に困っている人に対して贈るようなもの、また下という字がつくのは相手を見下しているとイメージがあるので。

・靴や靴下やスリッパ・・・
足で踏みつけるもので同様に下という字がつくのも相手を下にみるという意味に連想されます。

・現金・・・
餞別というと一般的な現金ですが目上の人に対しては「これで好きなものを買いなさい」や「お金に困っている」というイメージを連想しますのでNGです。

・文具類・・・
文具類は若者にはもちろんOKですが、目上の人に贈ると「もっと勉学に勤しめ」や「もっと仕事しろ」のような意味にもとられかねません。

スポンサードリンク

あとがき

餞別をもらう側からしたら自分のために気をつかわせて申し訳ないと思うかもしれません。

しかしお世話になった人だからこそ、ビジネスマナーとしてしっかりと贈りたいですね。

細かくいえばギフト券やなども金券として額面金額がわかるので現金と同様ともいえます。

その辺は職場や人によっても判断が異なるかもしれません。

相手の趣味嗜好がわかれば、それに沿ったものもいいですね。

他に寄せ書きや職場の写真などもいい思い出になります。

スポンサードリンク

-餞別
-