暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

懇親会

懇親会と親睦会との違いとは?内容はどんな感じ?服装は何を着ればいい?

懇親会

会社で開かれる懇親会親睦会には、どのような違いがあるのでしょう?

初めて参加する場合は懇親会の内容も気になりますよね。

また参加する服装は何を着ればいいのでしょうか。

このような懇親会のことについてご紹介します。

スポンサードリンク

懇親会と親睦会の違いとは?

懇親会(こんしんかい)

親睦会(しんぼくかい)

どちらも親交を深め仲良くなるために開催されるわけですが、どのような違いがあるのでしょうか?

懇親会も親睦会も似たようなもので区別なく使うという方もいると思います。

もし区別するとすれば下記のような違いではないでしょうか。

懇親会

普段はあまり一緒に仕事をすることがない他の部署や団体などの関係者と交流し意見交換や情報交換をして親しくなる。

顔見知りではない人も参加して打ち解けて仲良くなるイメージ。

親睦会

同じ会社や同じ部署のように既に関係性のあるもの同士がより仲良くなる。

どちらかというと顔見知りの人同士が参加して親睦を深めるというイメージ。

親睦会は仲間内で単に親睦を深めるという目的で開催されますが、懇親会の方は顔見知りでない人とも打ち解けたり情報交換をするなど開催の意図がある印象です。

大きな会社や組織ともなると同じ仕事をしていても全員が顔を合わせる機会は中々ないかもしれません。

そのような各方面の人同士が懇親会を機に集まり交流することで連携が強まるのは仕事を円滑に進め成果をあげるうえで有意義といえるでしょう。

スポンサードリンク

懇親会の内容はどんな感じ?

懇親会の内容は集まるメンバーによっても変わってきます。

内定者の場合

例えば内定者を集めた懇親会はこれから一緒に仕事をする仲間と交流を深める目的で開催されます。

同期入社だけでなく先輩社員も混ざり、会社のことや仕事のことについて話して理解を深めたりします。

会社によっても様々ですが一般的には食事をしながら開催されることも多いようです。

一般の会社員の場合

社内の各部署や取引先なども含めて開催されることがあり、その目的は各々の親睦を図ることです。

自己紹介から挨拶や日頃の仕事に対する意見交換など食事をしながら行うことが多いようです。

お互いのことをよく知り業務を今まで以上に円滑に行うことができるようにするための良い機会となります。

懇親会の服装は何を着ればいい?

懇親会は開催する内容や場所によって服装もそれぞれです。

参加者に届く懇親会の案内に服装について指定があればそれに従えばいいでしょう。

普段の仕事がスーツの場合はスーツで出席するということが多いように思いますが、私服とかかれていればスーツはマナー違反になります。

また平服というのは私服のことではありませんので、ダークスーツなど無難な服装で出席するのがいいでしょう。

さらに服装の欄に「自由な服装で」と書かれている場合も注意が必要です。

自由とはいえ会社の懇親会ということを考えると、どんな服装でも構わないという意味ではありません。

ジャージやスウェットやパジャマなどを着て参加することはないと思いますが、迷う場合はオフィスカジュアルのようなスタイルがおすすめです。

スポンサードリンク

あとがき

懇親会についてご紹介しました。

会社によって必ず開催するというものでもありませんし、毎年開催するとは限らないと思います。

そういう意味では参加者が忙しい中で都合をつけて出席される貴重な時間といえます。

中には普段顔を見ることもないような偉い役職の人もいるかもしれません。

せっかくの機会なので各方面の様々な人と積極的に交流して今後の仕事につなげていきましょう。

スポンサードリンク

-懇親会
-