毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

風速

風速5mはどのくらい?自転車は倒れる?向かい風はきつい?

投稿日:

自転車

風速5mはどのくらいなのでしょうか?

天気予報で風速5mと見てもピンと来ませんよね。

自転車を屋外にとめておくと倒れてしまう?

向かい風はきついのでしょうか?

そこで風速5mの自転車についてご紹介します。

スポンサードリンク

風速5mはどのくらい?

風速5m(メートル)はどのくらいなのでしょうか?

風速5mとは1秒間に5m動く風です。

風速についてはこちらの記事をご覧になってください。

風速とは簡単に説明すると?測り方は?1mはどのくらい?

気象庁の”風の強さと吹き方”では風速10m/s以上から表にまとめられています。

その表では10m/s~15m/sがやや強い風となっていて、風に向かって歩きにくく傘がさせないとなっていますが、風速5mはそれ未満です。

つまり、そこまで強くない風なのですが、ピンときませんよね。

日頃乗る自転車は止めておいても走っていても風の影響を受けやすい乗り物です。

その場合、風速5mはどの程度の影響があるのでしょうか。

スポンサードリンク

風速5mで自転車は倒れる?

風速5mで自転車は倒れるのでしょうか?

台風などで風雨が強いと子供を後ろに乗せるチャイルドシートがついている自転車などが風を受けて倒れている映像を見かけます。

すると、自転車置場なら隣の自転車から将棋倒しになり、ほとんどの自転車が倒れてしまいます。

台風のような強風は特別ですが、風速5mと聞くとわかりにくいですよね。

屋外といってもどこに置いてあるかによって風の影響は異なります。

また自転車の側面から風が吹いてモロに受ければ風速3m程度でも倒れることはあるでしょう。

他にも路面が多少傾斜しているような場合は風力が弱くても倒れる可能性はあります。

停めるときは風が吹いていなくても、離れているときに風が強まり転倒することもあるので注意が必要です。

所定の自転車置場に鍵をかけて整列させるのは当然ですが、もし置き場所を選ぶならできる限り風の影響を受けにくい平坦な場所にしましょう。

自転車が倒れれば破損することもありますので、避ける意味でもどこに置くかを検討することは大事といえます。

風速5mの向かい風はきつい?

では、風速5mの風の中を自転車に乗って走るのはどうでしょうか?

追い風で自分の背中側から進行方向に吹く風ならいいですが、逆に向かい風となれば結構しんどいと思います。

若い方で日頃から運動をしているような人なら、そこまで苦でもないかもしれませんが、ご年配の方やペダルを漕ぐ力が弱い方であれば大変でしょう。

向かい風で乗れる人でも自転車のスピードが思いの外でなかったり、長時間を乗るのは難しいと感じると思います。

また風速5mといっても風の強さは一定とは限りません。

自転車で移動していれば突然止むこともあるかもしれませんし、さらに強まることもあります。

他にも周りに風を遮るものがない土手沿いの道などで横から吹く風をモロに受ければハンドル操作も自分の思う通りにできないかもしれません。

そういう意味では十分に注意して自転車に乗る必要がありそうです。

スポンサードリンク

あとがき

風速5mといっても自転車を利用するには多少なりとも影響があると思います。

これで雨が降ってくると自転車の運転はさらに大変でしょう。

風が突然強くなったら自転車を降りて押して歩いたり、臨機応変な対応が必要になります。

怪我をすることがないように注意して過ごしましょう。

スポンサードリンク

-風速
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.