毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

風速

風速10mはどのくらい?傘はさせる?外出は控えた方がいい?

投稿日:

強風

風速10mはどのくらいなのでしょう?

雨が降っているとき傘をさしても傘は壊れないのでしょうか?

しっかりと雨風をしのげるのでしょうか?

そもそも外出しない方がいい?

そこで風速10mについてご紹介します。

スポンサードリンク

風速10mはどのくらい?

風速10m(メートル)はどのくらいなのでしょうか?

風速10mとは1秒間に10m動く風です。

1秒間に10mとなると1分で60倍の600m、1時間になおすとさらに60倍して36000m

つまり、およそ時速36kmとなります。

車で時速36kmで走ったとき、このぐらいの風を受けるという感じです。

風速についてはこちらの記事をご覧になってください。

風速とは簡単に説明すると?測り方は?1mはどのくらい?

気象庁の”風の強さと吹き方”によると、やや強い風にあたり屋外では樹木や電線が揺れはじめるとなっています。

普段、生活をしている中でそこまで細かく風速を意識することは少ないかもしれませんが、天気予報などで風が強いので注意と聞くと気になりますよね。

とくに雨の日は雨が降るだけなら傘をさせばいいですが、風も強いとなると傘が壊れたりしないか心配になります。

また、あまり強いと傘そのものが役に立たず、さしていてもびしょ濡れなんてことにもなりかねません。

スポンサードリンク

風速10mで傘はさせる?

風速10mで傘はさせるのでしょうか?

風速10mではかろうじて傘をさすことをはできます。

しかし風の強さや向きも一定とは限りませんので少々不安はあるでしょう。

両手でしっかりと持って立っているだけなら、吹く風の向きや角度に対応することもできます。

でも片手に荷物などを持っていると少し厳しいかもしれません。

またお子さん連れなどで歩いている場合、お子さんも気になりますから自分の傘を持つ手がおろそかになりかねません。

そうなると、ふとした瞬間に傘が飛ばされることもあるかもしれません。

風速10mを超えないと決まっているならいいですが、風は瞬間的に強まることもあります。

例えば建物沿いを歩いていたときは穏やかに吹いていたけど、その建物が途切れた途端に強い風が吹き付けるなんてこともあるでしょう。

数値だけでみると耐えられそうでも、実際に雨が吹き付ける屋外を傘をさして歩くときは風の強弱や向きに注意が必要です。

風速10mなら外出は控えた方がいい?

風速10mなら外出は控えた方がいいのでしょうか?

釣りやキャンプなどのレジャーでも風速10mはやや強い風といえます。

釣り糸が絡まってしまったり、テントが大きく揺れたりと風の強いときのレジャーはあまりおすすめできません。

ゴルフの場合は風速10m程度の風が吹くことは普通にありますが、打つときのフォームや打ったボールに影響はあるでしょう。

日常生活では外出を控えるほどではないと思いますが、それでも安全に過ごしたいということであれば不要不急な外出は避けた方がいいでしょう。

風が強い日は風による飛来物などで怪我をしたりすることも予想できます。

また、大切な書類が風で飛ばされてなんてアクシデントが起こることもあるかもしれません。

さらに小さいお子さんを連れてとなれば、気にかけることも増えます。

外出したいけど今日でなくてもいいなら、より穏やかな日を選ぶということも大事です。

スポンサードリンク

あとがき

自然現象である風は強くなったり弱くなったりしますから厄介です。

風速10mの予報であれば、それなりに強い風が吹くことは間違いありません。

しかも雨も重なれば視界も悪くなり、傘が役に立たないこともあるかもしれません。

避けられるなら避けて、外出しない方がいいでしょう。

スポンサードリンク

-風速
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.