毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

卒業

小学校卒業祝いのメッセージ例文!親から子供へ贈られて嬉しい一言

更新日:

小学生 卒業式

幼かった子供がこの春に小学校を卒業。

卒業祝いのメッセージを贈る場合、どんな一言が良いのでしょうか?

子供が喜ぶような素敵なメッセージを贈りたいですよね。

そこで小学校の卒業祝いのメッセージ例文をご紹介します。

スポンサードリンク

小学校卒業祝いのメッセージの書き方

小学校卒業祝いのメッセージの書き方についてです。

書き方のポイントは5つあります。

卒業をお祝いする言葉

頑張っていたことを褒める

明るい未来が楽しみになる内容

友達を大事に

応援メッセージを書く

卒業をお祝いする言葉

はじめに小学校卒業をお祝いする言葉になります。

・卒業おめでとう

・小学校卒業おめでとう

・ご卒業おめでとうございます

このような言葉で卒業のお祝いメッセージであることを伝えましょう。

頑張っていたことを褒める

6年間の小学校生活を思い返すと親子で様々な出来事があったと思います。

またお子さんは勉強やスポーツや委員会など、いつも忙しく頑張っていたでしょう。

毎日の中にある小さなことでも、側で見ている大人が褒めてあげることが子供の自信につながります。

明るい未来が楽しみになる内容

中学生になると勉強や部活動と新しいことが増え大変になります。

そんなとき周りを見渡すと小学校のクラスメートとは全く違う顔ぶれです。

このように書くと本人を不安にさせてしまうだけです。

中学校への入学は、本人にとって新しいことへの期待しかないはずです。

明るい未来へ希望の持てるメッセージの方がいいでしょう。

友達を大事に

最近は中学から私立と公立で別れ、今のクラスメートとも離れ離れになることもあるかもしれません。

卒業するときだからこそ、あらためて自分の周りにいる友達のことを大事に思って欲しいという願いです。

応援メッセージを書く

小学校を卒業して周りの環境はこれまでとは大きく変わるでしょう。

何もかも新しいことばかりで、様々な場面で壁にぶつかることもあると思います。

応援しているよというメッセージが支えになります。

スポンサードリンク

小学校卒業祝いのメッセージ例文

これから小学校卒業を迎えるお子さんに贈る親からのメッセージ例文になります。

卒業おめでとう

小学校6年間はどうでしたか?

この学校生活でたくさんの友達ができたと思います

一緒に同じ時間を過ごした友達はあなたの一生の宝物です

これからも大切にしていってくださいね

卒業おめでとう

あっという間の6年間、入学したときから比べると身長も伸びて大きくなったね

これからは中学生、勉強もスポーツも頑張って益々成長していってください

お父さんもお母さんも、いつもあなたのことを応援しています

卒業おめでとう

小学校では勉強もスポーツも本当に良く頑張りましたね

中学校に入ると楽しみにしていた部活動も始まります

これまで通り、勉強とスポーツどちらも精一杯頑張ってください

◯◯のことを応援しています

卒業おめでとう

すっかり大きくなりましたね

中学校で入る部活は決めましたか?

何をするにしても◯◯らしく頑張ってね

いつでも家族はあなたを応援しています

卒業おめでとう

小さかった◯◯も、これからは中学生です

新しい制服に袖を通してどうでしたか?

これを着て毎日元気に学校に通ってください

みんな、あなたのことを応援していますから

卒業おめでとう

楽しかった小学校も終わり、いよいよ中学ですね

◯◯中学は自転車通学になります

サッカーの朝練に行くときも車に気をつけてください

家族はあなたのことをいつも応援しています

頑張ってね

卒業おめでとう

小学校は楽しかったですか?

中学校はもっと楽しいことがたくさんありますよ

明るい◯◯なら、また沢山の友達ができるでしょう

中学生活は3年間しかありません

時間を大切に充実した3年間を過ごしてくださいね

卒業おめでとう

次は中学生、その次は高校と少しづつ大人に近づきます

今が人生の中でもとても大切な時間です

たくさんのことを学んで、たくさん成長してください

いい仲間を作って楽しい日々を過ごしてくださいね

お父さんもお母さんもあなたのことが大好きです

いつも見守っています

頑張ってね

スポンサードリンク
関連する記事

卒業メッセージの例文!先生や生徒や後輩から贈る言葉まとめ

あとがき

小学校は終わればあっという間ですが、思い出せば6年間に様々な出来事があったと思います。

近年は中学受験も多くなり、小学生が学習塾に通うのも当たり前になっています。

日が暮れるまで遊んでいた子供時代を過ごした大人からすれば今の子どもたちはやることが多くて大変です。

そんなお子さんの大きな節目ですから、たくさんお祝いしてあげましょう。

スポンサードリンク

-卒業
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.