暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

静電気

静電気体質とは?帯電する原因は?改善方法は食べ物?

2017/09/20

静電気体質

空気が乾燥した冬は静電気に悩むという方も多いですよね。

でもこの静電気が季節に関係なく起きるという人もいます。

これは体質の問題!?

そんな風に思っていませんか?

静電気体質というのは科学的な根拠はありませんが、周りを見るとよく起きる人とそれほど起きない人がいます。

何が違うのでしょうか・・・?

そこで

静電気体質とは
静電気体質の原因
静電気体質の改善方法

これらについてまとめてみました。

スポンサードリンク

静電気体質とは?

静電気は程度の違いはあってもほとんどの人が経験する現象です。

その静電気は空気が乾燥し湿度も低い冬は起きやすく、夏のように湿度が高いと溜まりにくいものです。

これが季節に関係なくおきるような場合は

静電気体質(帯電体質)

なのかもしれません。

静電気体質は科学的な根拠がないものの頻繁に起きるのは蓄積された静電気が自然放電されないため体に溜まりやすいといえます。

そうなると疲れやすくなったり免疫力が低下したりと体調に不調を感じるようになりますので早く改善した方がいいですよね。

ではその静電気体質は何が原因なのでしょう。

スポンサードリンク

静電気体質の原因は何?

人は体に溜まった静電気は湿度が高い環境などでは自然放電していますが、その自然放電がされにくい体質の人もいます。

なぜ自然放電されにくいのでしょう?

それは

『 不健康 』

ということが主な原因です。

もっと詳しくいうと

体のイオンバランスの乱れが原因なのです。

健康な体は体内の血液が弱アルカリ性で皮膚の表面が弱酸性とイオンバランスがとれていますが、不健康な場合はそのバランスが崩れてしまっています。

そのようになってしまうのは忙しい現代人の普段の生活習慣にあります。

・ストレス

・睡眠不足

・偏った食事

これらは健康を維持していく上で大敵です。

イオンバランスが崩れると・・・

イオンバランスが崩れると体内は酸性化してプラス電子が増加しマイナス電子が不足します。

そのため金属などに触れると金属のマイナス電子が体のプラス電子に引き寄せられ静電気が発生します。

静電気体質の改善方法は食べ物?

静電気体質を改善するにはイオンバランスを正常にすること、不摂生をやめ健康な体になることです。

そのためには旅行や趣味などで日頃のストレスを発散しリフレッシュしたり、時間の使い方を工夫して十分な睡眠時間を確保することが大事です。

また静電気体質を改善するには体の内側から、普段の食生活を見直すことも必要です。

イオンバランスが乱れ体内が酸性化すると血液にブラス電子が増加してドロドロになります。

そのような食生活の代表例が

  • ジャンクフード
  • 肉類

ジャンクフードなどは美味しく手軽ですが、毎日のように食べていると栄養バランスも悪くなり血液がドロドロになってしまう恐れもあります。

栄養バランスを考えて食べるのはもちろんですが、サラサラ血になる食べ物を積極的に摂取するように心がけるといいでしょう。

血液に良いとされているアルカリ性食品の代表例
  • 野菜
  • 芋類
  • 豆類
  • 海草類

血液に良い成分はカルシウム・ナトリウム・マグネシウム・カリウムなどです。

またゴマにはミネラル分のカルシウムが多く含まれ、他にひじきや魚なども血液に良いとされています。

このように普段の食生活だけでも体内に影響があり、それが静電気体質の改善につながります。

スポンサードリンク

あとがき

静電気体質はすぐに改善するものではないかもしれません。

しかしストレス発散や十分な睡眠をとること、食生活を見直すことは静電気体質の改善以外に健康のためにも良いことです。

静電気をきっかけに普段の生活を見直して健康的な体づくりを目指しましょう。

関連記事

-静電気
-