暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

節分

立春2019はいつ?意味は?節分の翌日なのは何故?

2018/12/01

立春

立春というと暦の上ではもう春ですが、まだ寒いですよね。

春と聞くと暖かいイメージがありますが、なんかしっくりこないという方多いと思います。

そこで立春について

立春2019年はいつ?

立春の意味は?

立春が節分の翌日なのは何故?

このようなことについて調べてみました。

スポンサードリンク

立春2019はいつ?

立春今年はいつ?

今年2019年の立春は

2月4日(月)です。

この立春の日付は年によって変わることがありますので必ず2月4日とは限りません。

今年を含む直近の5年間の日付はこのようになっています。

西暦 立春の日付
2019年 2月4日
2020年 2月4日
2021年 2月3日
2022年 2月4日
2023年 2月4日
なぜ日付が変わるのでしょう?
それは立春を含め二十四節気の日付の決め方によるためです。

二十四節気とは
季節を春夏秋冬の4等区分にするために考案された区分手法の1つです。1年を12の「中気」と12の「節気」に分類して季節を表す名前がつけられています。

立春の決め方は?

立春は二十四節気の第1にあたり、この二十四節気の配置を決めるのが定気法です。

定期法によると立春は太陽黄経が315度の時となっているため年によっ日付が前後するわけです。

スポンサードリンク

立春の意味は?

その立春にはどんな意味があるのでしょうか。

立春とは

立春というとよく言われるのが

暦の上では春

春は暖かい季節とイメージすると2月初旬はまだ気温も低く寒いですよね。

暦では冬至(12月20日頃)と春分(3月20日頃)の中間ぐらいに立春があります。

仮に東京の2月初旬頃の平均気温を確認すると5℃~8℃ぐらいです。

日付 平均気温
2016年2月4日 5.1℃
2017年2月4日 8.2℃
2018年2月4日 5.4℃

気温だけを見ると寒いはずですよね。

ではなぜ立春が暦の上で春なのかというと

「春の第1日目」

にあたるためです。

暦便覧では「春の気立つを以って也」と記されています。

立春とはようやく春めいてくる日、または初めて春の気配が現れてくる日、春立つ日のことで、これから少しずつ暖かくなる春の始まりの日という意味なんです。

では、その春はいつからいつまでなのかというと。

春はいつからいつまで?
二十四節気で春は立春から立夏の前日までの期間、今年は2月4日の立春から5月6日の立夏の前日までになります。

立春は冬が過ぎて春に代わった初日ですからまだ寒いのは仕方がないこと。

気温も急には上がらないわけです。

立春の期間とは?

立春には日付だけでなく期間としての意味もあります。

その期間は

立春から雨水の前日まで

今年は2月4日の立春から2月19日の雨水の前日までの期間になります。

※雨水とは二十四節気の第2にあたり2月19日頃です。

春という季節は暦上の立夏の前日までとするとおよそ3ヶ月間あり、2月4日から19日までのおよそ2週間が春の始まりの期間となります。

この約2週間の期間を立春といいます。

立春が節分の翌日なのは何故?

2019年の節分は2月3日、立春は2月4日です。

このように毎年節分の翌日が立春になりますがそ、それは何故でしょうか?

その理由は節分にあります。

節分とは
雑節の一つで季節を分けるという意味になり年に4回あります。

暦上の季節の分かれ目のことで各季節の最終日ということです。

そのため立春は春の第1日目ですから冬の節分の次の日になるわけです。

他の季節も節分の翌日が立夏・立秋・立冬となります。

節分とその翌日
  • 冬の節分2月3日頃⇒立春2月4日頃
  • 春の節分5月4日頃⇒立夏5月5日頃
  • 夏の節分8月6日頃⇒立秋8月7日頃
  • 秋の節分11月6日頃⇒立冬11月7日頃

※日付は年によって変化することがあります。

冬の節分が過ぎると暦の上では初めて春の気配が現れてくる日となり季節が春に代わります。

しかし節分というと年に1回の2月の冬の節分のことを指しますが、なぜ2月だけなのでしょう。

節分というと2月を指す理由は?

季節が春から始まり冬で終わるとすると冬から春に変わる節分は1年の大きな節目になるためです。

立春を1年の始まりと考えるとその前日の節分は大晦日にあたります。

そのため江戸時代以降は節分といえば2月の節分を指すことが多くなったようです。

関連する記事

節分に豆まきをする理由とは?正しいやり方は?食べる数は?
恵方巻きの方角2019年は?方角の決め方は?恵方アプリはコレ!
恵方巻の食べ方は笑いながら?丸かじりしないとダメ?醤油はつけていい?
節分の食べ物。いわしやそばやけんちん汁を食べる由来とは?

スポンサードリンク

あとがき

立春は春の始まりですが、春というにはちょっと寒い2月の初旬頃です。

それは気温で決めているわけではなく二十四節気によって定められているわけですね。

節分の豆まきで邪気を払い、恵方巻で福を呼び込んだら冬も終わり。

新しく春を迎えましょう。

スポンサードリンク

-節分
-