暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

加齢臭

加齢臭とはどんな臭い?どこからでる?何歳から臭う?

2018/07/06

加齢臭

年をとると臭ってくる加齢臭。

いやですよねー。

でも自分では中々気づきにくいものです。

もしかしたら知らないうちに他の人を不快な思いにさせているかもしれませんね。

そこで

加齢臭とはどんな臭い?

加齢臭はどこからでる?

加齢臭は何歳から臭う?

このような加齢臭のことについて調べてみました。

スポンサードリンク

加齢臭とはどんな臭い?

加齢臭の臭いとは?

加齢臭とはどんな臭いなのでしょうか?

一言でいうと不快な臭いです。

これは中高年が発する特有のニオイで、例えると以下のような臭いと言われています。

加齢臭の臭いを例えると

・青臭いにおい
・新聞紙のにおい
・古本のにおい
・古いタンスのにおい
・押入れの中のにおい
・雑巾のにおい
・ブルーチーズのにおい
・ろうそくのにおい
・酸化した油のにおい

ちょっと想像しただけでもあまりいい匂いではないですよね。

くさい!

と言われるのはそのためです。

加齢臭の原因となる物質は?

ではその加齢臭の原因となる物質は一体何なのでしょうか?

それはノネナールという物質なのです。

ノネナールとは皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化してできたニオイ成分のことです。

スポンサードリンク

加齢臭はどこからでる?

ではその加齢臭ですが体のどこからでているのでしょうか?

加齢臭は皮脂腺から分泌されます。

その皮脂腺は手の平や足の裏にはあまりなくそれ以外の部分にあります。

その中でも多いのは頭部です。

他には手足があります。

枕が臭うというのも頭部は皮脂の分泌が多いため臭いやすいといえるかもしれません。

また頭部以外にも体の中で加齢臭が発生しやすいと思われるのは以下のような場所です。

・首の後ろ側
・耳の周り
・胸元
・脇
・背中

体を洗う時には頭部はもちろん、上記の部分はしっかりと洗っておきましょう。

関連する記事

加齢臭の原因は食べ物?コーヒーやアルコールも関係する?
加齢臭の原因は運動不足?どんな運動がいい?ストレスにも注意?
加齢臭対策の石鹸はどれがいい?ボディーソープなら?香水はダメ?
加齢臭対策のシャンプーのおすすめは?選び方と頭の洗い方も!
洗濯物の加齢臭の取り方は?洗剤のおすすめは?漂白剤はどう?
部屋の加齢臭を消す方法は?消臭剤のおすすめは?空気清浄機で消える?

加齢臭は何歳から臭う?

次に加齢臭は何歳くらいから臭うようになるのでしょう?

これには個人差があると思いますが、およそ40歳ぐらいから臭い始めます。

それは加齢臭の原因となるノネナールが発生する仕組みに関係があります。

<ノネナールが発生する仕組み>

ノネナールは常在菌(ニキビ球菌、ニキビ棹菌、ブドウ球菌、マラセチア菌等)がヘキサデセン酸を含んだ皮脂を分解することで発生します。

そのヘキサデセン酸は若い頃にはなかったものの40代になる頃から増加するのです。

そのため40代ぐらいから加齢臭が強くなると感じるわけです。

加齢臭は男性だけ?

加齢臭はおじさんの臭いと思って安心していませんか?

男性の方が加齢臭が強烈と思うのは女性よりも皮脂量が多いためですが、女性ホルモンが皮脂の分泌を抑える働きがあるのでホルモンバランスが正常であればそれほど過剰に出ることはありません。

それが加齢にともない女性ホルモンの分泌が減少すると男性ホルモンの働きが優勢になって皮脂が増加することになり加齢臭の原因も増えるというわけです。

ホルモン分泌が減少し始めるのは女性も同じですので40代の女性にも起こりうるものなんです。

スポンサードリンク

あとがき

加齢臭は自分では中々気づきにくい臭いですが、普段付き合いのある仲の良い友人が気づいたとしても指摘しづらいものです。

神経質になる必要はありませんが日頃仕事でもプライベートでも他の人と関わる機会は何かと多いですから相手に不快な思いはさせたくないものです。

自分の体や衣類から気になるような臭いを感じたら、そろそろ加齢臭を疑ってみることも必要かもしれません。

スポンサードリンク

-加齢臭
-