暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

テーマパーク

よみうりランドプールの持ち物!必要なものとあると便利なもの一覧

持ち物

よみうりランドのプールに行く時に何を持って行きますか?

プールは家族と一緒に行ったのが数年前。

何を用意すればいいのかわからないということありますよね。

そこで、よみうりランドのプールの持ち物について

必要なもので絶対持って行った方がいいものやあると便利なものをご紹介します。

スポンサードリンク

よみうりランドプールの持ち物は?

よみうりランドのプールは屋外の大型のレジャープールです。

流れるプールや波のプール、ウォータースライダーなどがあって楽しそうですよね。

一日快適に楽しめるように必要な持ち物を揃えておきましょう。

必要なものは?

最初に必要な物からご紹介します。

水着

まずは水着です。

プールに行くのですから男女とも必ず必要な持ち物ですよね。

最初から着ていけばプールに入る前に更衣室で着替える手間が省けます。

タオル

タオルはバスタオルとフェイスタオルなど大小あると便利です。

プールサイドで休憩の時にかけるものと帰りにシャワーを浴びて拭くタオルとあればいいですね。

チケット

チケットは当日並ばなくてもいいように前売り券を準備しておきましょう。

その方が入場も場所取りするときもスムーズです。

お金

お金は千円札、500円玉、100円玉などで持っておくと便利です。

一万円札や五千円札を両替するのに歩き回るのは避けたいですよね。

電車やバスでは出来るだけICカードを使うようにします。

現金はレストラン、売店、ロッカーなどでいくら使うのか予想して必要な分だけ持って行くようにしましょう。

ビニールシート

休憩場所に敷くビニールシートはあった方が良いと思います。

男性ばかりだと必要ないという方もいますが、カップルや家族連れなら休憩場所を確保してからタオルや荷物を置きます。

シートの大きさは人数にもよりますので使い勝手の良いサイズを用意しておきましょう。

ビーチサンダル

ビーチサンダルは必要か迷う人が多いと思いますが、屋外のプールでは地面が熱いので用意していった方がいいですよ。

プールサイドは土足での入場はできませんのでビーチサンダル(ヒールなしのもの)を用意しておきましょう。

泳いでいる時は休憩場所に置いておくので万が一盗られても大丈夫な安いサンダルで十分です。

ビニール袋

ビニール袋は役割によって使い分けます。

濡れたものを入れて持ち帰る用はスーパーなどのレジ袋です。

お金やスマホなどの貴重品を入れる場合はジップロックなどがいいでしょう。

プールではバッグの外も中も気がついたら濡れていたなんてことがよくあります。

濡れたら困るようなものは最初からビニール袋に入れて小分けにしておきます。

日焼け止め

夏の屋外プールなら日焼け止めは必須ですよね。

よみうりランドでは日焼け止めは水性のもののみ可となっています。

着替え

行きは水着を着ていくという方が忘れがちなのが帰りの着替えです。

替えの下着はビニールに入れて持って行けば濡れた水着を入れ替えられて便利です。

また遊んで疲れていたり日焼けした肌がヒリヒリしているかもしれません。

更衣室が混雑していることを考えると簡単に着替えられるものがいいですね。

男性ならTシャツにハーフパンツ、女性ならマキシワンピなどサッと着られるものがおすすめです。

あると便利なものは?

次にあると便利な物をご紹介します。

防水スマホケース

スマホの撮影は遊泳中は禁止ですが、波のプール波打ち際やアンパンマンプールでは大丈夫です。

もって歩くなら、万が一濡れたときのために防水ケースに入れておきましょう。

防水の小銭入れ

小銭はそのままポケットに入れておくとスライダーや波のプールで遊んでいて落とすかもしれません。

こういうときには防水の小銭入れがあると重宝します。

また、よみうりランドのロッカーは何度でも開閉できるタイプです。

ロッカーに戻るようにすれば小銭を持ち歩く必要はないですよ。

ラッシュガード

プールから上がったら体が冷えた、天候が悪いので今日は少し寒いなんてときは上着が必要です。

シートの上で休憩するときに体にタオルをかけてもいいですが、ラッシュガードが一枚あると便利ですよね。

スポンサードリンク

浮き輪

カップルやお子さん連れなら浮き輪はあった方がいいですよね。

流れるプールや波のプールでも使えますし休憩のときは枕代わりにしましょう。

イルカやシャチのような大型のものは禁止です。

ビーチボール

グループやお子さん連れだとあると楽しいですが、混雑していると場所がないかもしれません。

ビーチボール以外のボールは持ち込みできませんので注意しましょう。

サングラス

眩しいですからね。

休憩中はある方がいいかもしれませんね。

ゴーグル

水中めがねは禁止ですがゴーグルはOKです。

水中で目を開けるのは苦手というお子さんにはいいかもしれませんが、レジャープールなのであまり必要ないかもしれません。

シャンプー、リンス、ボディーソープ

プールから上がってシャワーを浴びますがシャンプーやリンスはありません。

帰りは髪がゴワゴワになるんですよね。

そこでシャンプーとリンスぐらいは旅行用にミニサイズを持っておくと便利です。

ボディーソープも同様です。

ヘアブラシやスタイリング剤

どこにも寄らず車で帰る場合はヘアスタイルもそこまで関係ないかもしれません。

電車に乗って帰りに新宿あたりで食事なんていう予定なら必要かもしれませんね。

手でスタイリングできるなら問題ありませんがスタイリング剤は欲しいですね。

シーブリーズ

シーブリーズはなくても不便はありませんが、あると爽快で気分がいいですね。

汗とニオイをおさえて、いい香りが続くのでプールデートならあったもいいかも。

化粧品

化粧品(化粧水や乳液)もあると便利ですよね。

肌は日差しでカラカラですからシャワーを浴びてさっぱりしたら化粧水が欲しくなります。

家に帰るまでまだ1時間はありますよね。

団扇や扇子

入場前や休憩中や更衣室など、どこにいても暑いですから団扇(うちわ)や扇子(せんす)があると便利ですよ。

特に夕方、帰りは西日がまぶして暑いですからね。

日傘や帽子

入場前の列に並んでいる時、とくに女性は日傘があった方がいいですよね。

朝から日差しは暑いですよ!男性は帽子を忘れずに持って行きましょう。

トイレなどには鏡があると思いますが、鏡が用意されていても混雑でゆっくりしてられないんですよね。

そんなときは自分用の小さい鏡があると便利ですね。

目薬

プールに入ったら目薬ですよね。

無くても大丈夫といえば大丈夫なんですが、目が真っ赤なんてことにならないように。

一緒に行く誰か一人が持っていればいいんですけどね。

冷感スプレー

暑い時に冷感スプレーは気持ちいいですよね。

ちょっと贅沢な感じもしますがあればいいなーというものです。

ウェットティッシュや汗ふきシート

プールの行きや帰りに汗だくになるとウェットティッシュや汗拭きシートが欲しいですよね。

入場すれば水道もあると思いますが、入場待ちの間とか帰りとか汗をかいてビショビショなんてとき助かります。

虫よけスプレーと虫刺されの薬

プールサイドの木陰で休んでいると虫が飛んで来たらどうしますか。

夏はどこにいっても虫がいますよね。

虫よけスプレーや虫刺されの薬は持っておいてもいいと思いますよ。

あとは擦り傷にバンドエイドを2~3枚あると安心ですね。

飲み物

プールではレストランや売店もありますがペットボトルを持って行くのもおすすめです。

凍らしたペットボトルが少し溶けて冷たくて気持ちいいです。

水なら飲みきれなくても最後に足を洗うのにも使えます。

お菓子

何でも現地で購入しているとお金がかかりますのでお菓子類は持って行くのがいいでしょう。

プールサイドで休憩するときや行き帰りや入場するまでの並んでいる時などにあるといいですよね。

保冷バッグ

飲み物やお菓子を持って行くなら保冷バッグがあるといいですよね。

家からプールまで移動時間もあるので用意しておくのがおすすめです。

スポンサードリンク

あとがき

よみうりランドプールの持ち物で必要な物をご紹介しましたが、人によって優先順位は多少違うこともあります。

また荷物は必要最小限にしたいという方はいろいろと考えてしまうと思いますが、レジャープールですから大抵のものは売店で購入できます。

水着とタオルとチケットとお金ぐらいでも大丈夫といえば大丈夫かもしれませんね。

むしろ当日みんなで楽しむことを考えた方がいいかもしれません。

関連記事

-テーマパーク
-