暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

新年

初詣いつまでに行けばいい?夜参拝するのはダメ?仏滅でもいいの?

初詣

お正月って何かと忙しいですよね。

人が来たり、実家へ行く用事ができたり、三が日も仕事なんて方もいます。

そうなると初詣に行くつもりでも中々行けなくて、気がついたら明日から仕事や学校ということも。

これから初詣に行くには遅すぎる?

初詣はいつまでに行けばいいの?

そこで

初詣いつまでに行けばいい?

初詣は夜参拝するのはダメ?

初詣は仏滅でもいいの?

このような初詣のことについてご紹介します。

スポンサードリンク

初詣いつまでに行けばいい?

年が明けて初詣に出掛ける方は多いと思いますが、毎日何かと忙しいと初詣に行くのが遅くなってしまうこともあります。

行くのが遅くなるとご利益がないような気がするし、今から行っても初詣にならないんじゃないかなって考えてしまいますよね。

そこで確認しておきたいのが初詣の意味や由来についてです。

初詣の意味とは?

初詣 ⇒ 初めて詣(もう)でる

※詣でるとは神社やお寺に参拝することです。

初詣の意味は新年になって初めて神社や寺院に参拝することをいいます。

初詣の由来とは?

初詣の由来は

年籠り(としごもり)

といわれています。

年籠りとは家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神神社に籠る習慣のことです。

この年籠りが二つの参拝に別れます。

除夜詣(じょやもうで)・・・・大晦日の夜に参拝する

元日詣(がんじつもうで)・・・・元日の朝に参拝する

この元日詣が初詣の起源にあたり現在の初詣になっていったようです。

元日詣は江戸時代末期頃まで同じ地域に住む人々が祀る氏神神社に参詣したり、自分が住んでいる場所から恵方にあたる社寺にお参りする恵方参りが行われていました。

それが氏神や恵方など関係なく有名な神社や寺院に参詣するように変わり一般化していくわけです。

ちなみに12月31日の大晦日の夜(除夜)に氏神様を参拝して一度家に帰ってから元旦にもう一度参拝するのを二年参りといいます。

初詣はいつまでに行くべき?

初詣とは年明けに初めて神社に参拝に行くことなので何日までという決まりはありません。

元日詣が起源と考えれば元日にお参りするべきですが、現代では三が日まで遅くなっても松の内までと考えるのが一般的でしょう。

松の内とは

お正月飾りや門松などを飾っておく期間のことで、期間は関東では1月7日まで関西では15日までになります。

スポンサードリンク

初詣は夜参拝するのはダメ?

初詣はそれぞれの神社や寺院の定める参拝時間にお参りに伺えばいいでしょう。

例えば初詣の人が多く訪れる明治神宮の参拝時間は下記のようになっています。

◆開門、閉門の時間(予定)
大晦日 6:40 ~ 0:00
※大晦日~元日は終夜お参りできます。
元日 0:00 ~ 19:00頃
2日 6:40 ~ 18:30頃
3日 6:40 ~ 18:30頃
4日 6:40 ~ 18:00頃
※ 正月の参拝時間は、状況により変更される場合があります。
※ 年越しは閉門致しません。

出典:http://www.meijijingu.or.jp/

このように1月2日以降は18時頃を目安に閉門しますが、大晦日から元旦にかけては閉門しません。

また初詣の由来にある除夜詣や二年参りも大晦日の夜にお参りすることから全くダメなわけではないようです。

しかし明治神宮のように参拝時間が定められているところもありますので、初詣に出掛ける場合は確認してからの方がいいでしょう。

初詣は仏滅でもいいの?

仏滅は縁起が悪いというイメージを持つ方も多いかもしれません。

でも元々仏滅は六曜といって中国で作られた暦の吉凶のことです。

初詣に出掛ける神社や寺院とは関係がありません。

それでも気になる方は後々ずっと引きずることも考えられますので無理に仏滅に行く必要はないでしょう。

初詣は一日限定ではありません。

その前後の日にちで一緒に行かれる方と予定を調整して出掛ける方がいいですね。

スポンサードリンク

あとがき

初詣はいつまでに行けばいいのかについてご紹介しました。

初詣とは初めて詣でることですから、いつ行っても今年初めてなら初詣となるわけです。

いつまでに行けばいいかという期限はとくにありませんが一般的には松の内までです。

元日詣が起源と考えると元日に行けないとしても早めに伺う方がいいでしょう。

スポンサードリンク

-新年
-