暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

卒業

卒業メッセージの例文!生徒から先生へ伝える感謝の言葉

卒業メッセージ

いよいよ卒業式の日、中学や高校の3年という時間はあっという間でしたよね。

担任の先生とも今日でお別れです。

お世話になった先生へ

最後にどんな挨拶をしますか?

感謝の気持ちを言葉にするのはちょっと照れくさいかもしれません。

でもしっかりと伝えたいですよね。

そこで卒業メッセージの例文について、生徒から先生へ最後に伝える感謝の言葉をご紹介します。

スポンサードリンク

卒業メッセージに内容やポイントは?

まずは卒業メッセージの内容やポイントについてです。

生徒から先生への卒業メッセージはどんなことを伝えたらいいのでしょう?

お世話になった先生に伝えたいのは以下のようなことになります。

・感謝やお礼の言葉
・学校生活や先生との思い出
・卒業後の自分の夢や抱負

この中で一番伝えたいことは

感謝とお礼の言葉です。

どんなときも生徒のことを思って指導してくださった先生に、最後にしっかりと感謝を伝えお礼を言いましょう。

先生は大勢の生徒をみているので覚えていないこともあるかもしれません。

そんなときは学校生活の思い出や先生とのエピソードを一緒に交えて話すとより伝わりやすいでしょう。

また卒業後の自分の夢や抱負を話せば先生は応援してくれるはずです。

スポンサードリンク

卒業メッセージの例文 生徒から先生へ感謝の言葉

では生徒から先生に贈る卒業メッセージの例文をご紹介します。

〇〇先生

〇年間、本当にお世話になりました。

〇〇先生が担任だったおかげで毎日楽しく学校生活をおくることができて嬉しかったです。

体育祭で優勝したときも〇〇先生を中心にクラス全員が団結しましたよね。

あのときは感動しました、自分の一生の思い出です。

そんな先生と過ごした日々を思いだすと今日でお別れというのは寂しいです。

またいつか同窓会を開くので、そのときは必ず来てくださいね。

最後に、〇〇先生ありがとうございました。

〇〇先生

卒業します!
〇年間、お世話になりました。

〇〇先生の授業は本当に面白かったです。

この先こんなに授業で笑うことはないと思うので、もう先生の授業を受けられないのが一番残念です。

先生のおかげで〇〇の成績も上がり受験も頑張れて本当に感謝しています。

またいつか同窓会でお会いできるのが楽しみです。

〇〇先生、お体に気をつけてくださいね。

ありがとうございました。

もっとシンプルに短めに伝えるとすれば以下のような内容になります。

ポイントを絞って伝えましょう。

〇〇先生

〇年間ありがとうございました。

〇〇大学に無事に合格できたのも先生のご指導のおかげです。

これからも先生の教えを思い出して頑張っていきます。

ありがとうございました。

〇〇先生

〇年間お世話になりました。

いつも進路相談にのって頂いてありがとうございました。

〇〇専門学校に行ってからもこのクラスや先生のことを思い出して頑張れます。

ありがとうございました。

〇〇先生

いつも残って勉強を教えていただいてありがとうございました。

〇〇大学に進学できたのも先生のおかげです。

これからは自分でもっともっと努力していきたいと思います。

〇年間、ありがとうございました。

〇〇先生

〇年間お世話になりました。

こんなに面倒な生徒いなかったと思います。

いろいろとご迷惑をかけてすみませんでした。

これからは社会人として立派なな大人になれるように頑張ります。

先生もお体に気をつけてください。

本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

あとがき

ここにある生徒から先生への卒業メッセージの例文は参考程度です。

先生との関係性はそれぞれですので最後は自分の言葉で伝えるがいいでしょう。

かっこよく言う必要はありません。

これまでの感謝の気持ちとお礼を言いたいだけですから。

お世話になりました。

ありがとうございました。

そんな一言だけでも先生は嬉しいと思いますよ。

迷っているなら、しっかりと伝えてから卒業しましょう。

スポンサードリンク

-卒業
-