暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

冷房

冷房の設定温度の推奨とは?28℃の根拠は?快適に過ごす工夫は?

2017/09/17

冷房 設定温度

夏に使うエアコンの冷房ですが設定温度は何度にしてますか?

暑いとついつい低くしがちですね。

本当は何度がいいのでしょうか?

そこで

冷房の設定温度の推奨とは?

28℃の根拠は?

快適に過ごす工夫は?

これらの冷房の設定温度について調べてみました。

スポンサードリンク

冷房の設定温度の推奨とは?

暑いとつい低くしがちなエアコン冷房時の設定温度ですがいつも何度にしていますか?

自宅では何度に設定しても自由ですが会社や公共施設など大勢の人が利用する場所ではそうもいきません。

では何度にしたらいいのでしょう?

実はエアコンの設定温度には冷房も暖房も環境省で推奨されている温度があります。

冷房の場合の推奨されている設定温度は

28℃
です。

ではなぜ28℃なのでしょうか。

スポンサードリンク

エアコン冷房時の設定温度28℃の根拠とは?

なぜ28℃が推奨されているのでしょう?

それには諸説あるようですが以下の法律や規則が関係しているようです。

  • 建築物における衛生的環境の確保に関する法律
  • 労働安全衛生法の事務所衛生基準規則

これらの中で室温は

17℃以上28℃以下

と記されています。

設定温度が28℃に定着した理由は?

いくら環境省から冷房の設定温度は28℃にといわれても世の中に定着するには時間がかかりますし、場合によっては定着しない可能性もあります。

ではなぜ定着したのでしょうか?

それには以下の2つの影響が考えられます。

クールビズ
環境省が中心となって行った夏の衣装軽装化のキャンペーンです。
節電
東日本大震災が起きた2011年には電力不足の心配があり全国で節電が注目されました。

初夏ともなるとショップにはクールビズのPOPが貼り出され毎年目にするたびにクールビズという言葉は世の中に浸透していったと思います。

また節電を心掛けるようになるとエアコンの冷房時の設定温度についても意識するようになったと考えられます。

冷房の設定温度で快適に過ごすには?

でも28℃は、ちょっと暑い!

そう思う人もいますよね。

その理由はそれぞれの環境が様々で暑さの感じ方も人それぞれだからですよね。

例えば同じ室内といっても以下のような状況だったらどうでしょう。

室内が暑いと思う状況
  • 強い日差しが差し込んでいる
  • 湿度が異常に高い
  • 外出先から戻って来たばかり

ちょっと想像しただけでも暑そうです。

そんな時に冷房の設定温度を28℃では

涼しい~

とはなりませんよね。

そこで少しでも快適に過ごすためにはどんな工夫ができるか考えてみました。

強い日差しが差し込んでいる
夏の直射日光や西日など強い日差しはカーテンやブラインドで遮り室内が暖まらないようにする。また暖まってしまった空気は換気する。
湿度が異常に高い
しばらく除湿して湿度を調整してから冷房運転にする。
外出先から戻って来たばかり
冷房を効かせた小部屋等で一旦涼み汗が引くのを待つ。

しかしまだ心配なことがあります。

それは温度のムラです。

特にオフィスのような場所ではエアコンの風が一定方向に流れ寒いところと逆に暑いところができる場合があります。

このような温度のムラをなくすにはどうしたらいいのでしょうか。

温度のムラを解消するには?

エアコンの風向きで調整できない場合はサーキュレーターなどをおいて冷気が一か所に溜まらないようにします。

その際にデスク上にある紙の書類が飛んだりしないようにサーキュレーターの置き場所や向きに注意しましょう。

スポンサードリンク

あとがき

冷房の設定温度は28℃が推奨されています。

28℃で快適に過ごせれば一番いいですが環境や状況によっては難しいこともありますね。

工夫して過ごしやすい環境になればそれに越したことはありません。

しかし体調を崩しそうなら無理しないでください。

スポンサードリンク

-冷房
-,