暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

冷房

エアコンなしで部屋を涼しくする方法は?夏の暑さ対策にできること!

扇風機

今年の夏はいちだんと暑いですよね。

部屋で涼しく過ごしたいけどエアコンがない場合はどうすればいいのでしょう。

またエアコンがあっても使わない方が電気代の節約にもなります。

そこでエアコンなしで部屋を涼しくする方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

エアコンなしで部屋を涼しくする方法は?

エアコンなしで部屋を涼しくするには、まずは部屋に溜まっている熱気を一度外に排出して空気を入れ替えることが大事です。

部屋に溜まった熱気を外へ逃がす

部屋に入ると室内より外の方が涼しいということありますよね。

室温が外気温より高いのは締め切った部屋の空気が暖まってしまったためです。

涼しくするために最初にするのは部屋の熱気を外に逃がすことです。

部屋の対角線上を風が流れるようにするといいでしょう。

例えばワンルームの場合なら下記の手順でドアから取り込み窓に向けて空気の通り道をつくるようにします。

・窓を開けて網戸にする(夏は蚊も飛んでいるので必ず網戸にしておきます)
・扇風機を外へ向けて回す(室内の空気を吸って外へ向けて風を送ります)
・換気扇もまわす(熱気を排出するのは窓だけでなく換気扇からも)
・部屋のドアをあけてドアストッパーで止める(外の空気を取り入れます)

また暖かい空気は部屋の天井付近に溜まりがちです。

部屋の空気がおよそ入れ替わったら扇風機を天井に向けて風を送り空気を撹拌するようにするといいでしょう。

扇風機の代わりにサーキュレーターがあればより直線的な強い風を送ることができます。

打ち水で気化熱を利用する

マンションのベランダや外壁は日中の直射日光によって暖められますが、コンクリートは冷めにくいため熱は夜にかけてゆっくりと放熱され部屋は暑くなります。

そこでベランダや外壁に打ち水をして水の蒸発とともに熱を奪ってもらう気化熱を利用すると涼しくなります。

ただ日中の暑いときは打ち水をしてもすぐに蒸発してしまい蒸発した水分は蒸気になりますからかえって暑くなり逆効果です。

朝や夕方の涼しい時間帯に直射日光の当たらない場所を選んで打ち水をすると風が涼しくていいでしょう。

部屋をあたためないために

部屋を涼しくするためには出来るだけ部屋を暖めないことも大事です。

暑さの原因となる熱はほとんどが窓から入ってきますので、カーテンやすだれで直射日光を遮断しましょう。

すだれは100円均一でも売っていますのでサイズが合えば比較的安く対策できてお得です。

また室内の熱源となるテレビやパソコンなどの家電はつかわないときは電源オフにしておきましょう。

スポンサードリンク

扇風機で部屋を涼しくするコツ

扇風機はエアコンのように部屋の温度を下げることはできません。

しかし先程のように室内に風の流れを作ることは可能です。

夜間など日中に比べて外の気温が下がれば扇風機を窓際に置いて外の空気を取り込むようにするといいでしょう。

また直接扇風機の風で涼む場合は扇風機の前に水を入れて凍らしたペットボトルをおくと冷たい風が気持ちいいです。

暑い時は凍らしたペットボトルを首筋に当てたりすると冷たくて気持ちいいので、いつも数本用意しておくといいですね。

ベッドカバーはひんやりタイプを

エアコンなしで寝る場合に工夫できるのはベッドカバーです。

昼間暑くて疲れているのに夜も暑くて眠れないのでは寝不足で疲労がたまる一方ですよね。

そんなときはベッドカバーを変えてみるといいかもしれませんよ。

体感温度は-7℃!

敷くだけと手間がかからないので楽ちんです。

ひんやり敷きパッド(冷却マット)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【もれなくP10倍★7/10 10:00〜7/12 1:59】 敷きパッド 冷却...
価格:4990円(税込、送料無料) (2018/7/23時点)

スポンサードリンク

あとがき

これだけの猛暑ですからエアコンがあれば使うのが一番です。

エアコンがない場合には日中はエアコン完備の図書館などで過ごすというのも検討してみましょう。

また部屋は熱気を逃がしてなるべく室内が暖まらないように最大限の工夫をしましょう。

体調が悪くなった時は病院に行くなど無理はしないようにしましょうね。

スポンサードリンク

-冷房
-,