暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

年賀状

年賀はがきの販売期間はいつからいつまで?土日や夜間も購入できる?

年賀はがき

年賀はがきの販売期間は

いつからいつまでなのでしょう?

年賀はがきの発売日や終了日はおよそ決まっていますが毎年数日ほど前後します。

郵便局の店頭販売だけでなくネット予約やコンビニ販売など購入場所もそれぞれなので販売期間はさらに複雑です。

そこで年賀はがきの販売期間について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

年賀はがきの販売期間はいつから?

郵便局窓口での販売開始は?

郵便局窓口での年賀はがきの販売開始は下記のようになります。

2019年の年賀はがき発売日

2018年11月1日(木)

※一部の商品は10月1日から販売されます。

この一部の商品とは東京2020大会寄付金付き年賀はがきのことです。

年賀はがきの種類は様々あり、以下のようなものが販売されています。

1.ディズニー 年賀葉書(インクジェット紙)
2.スヌーピー 年賀葉書(インクジェット紙)
3.うたの☆プリンスさまっ♪ 年賀葉書
4.寄附金付絵入り年賀葉書(全国版)
5.広告付年賀葉書(エコー年賀葉書)

郵便局インターネット予約開始日は?

インターネット通販の予約販売受付開始は下記になります。

2018年9月3日(月)9:00から

毎年窓口での販売開始よりも、およそ1ヵ月ほど早く受付が開始しますので、早くから準備を始めたいという方にはおすすめです。

スポンサードリンク

年賀はがきの販売期間はいつまで?

次に年賀はがきの販売終了日についてです。

同様に郵便窓口とインターネット通販に分けてご紹介します。

郵便局窓口での販売開始は?

郵便局では下記になります。

2019年の年賀はがき販売終了日

1月11日(金)

もともと年賀状は松の内までに届くように送るというのが一般的です。

そのため例年1月の第一または第二金曜日までの販売となっています。

参考までに過去3年の年賀はがきの販売期間は下記のようになります。

2016年度用年賀状の販売期間
2015年10月29日(木)~2016年1月8日(金)

2017年度用年賀状の販売期間
2016年11月1日(火)~2017年1月6日(金)

2018年度用年賀状の販売期間
2017年11月1日(水)~2018年1月5日(金)

年によって販売開始日も販売終了日も微妙に変化があることもわかると思います。

郵便局インターネット予約の販売終了日は?

インターネットでの年賀はがきの予約・販売受付終了日は下記になります。

2018年12月25日(火)

窓口とは違い例年クリスマス時期までになりますので注意が必要です。

年賀はがきは土日や夜間も購入できる?

平日は仕事で忙しく休日にならないと時間が作れない方も多いと思います。

でも土日は郵便局も休みだったりしますよね。

年賀はがきは土日は購入できないのでしょうか?

郵便局のゆうゆう窓口なら土日でも年賀はがきを購入できます。

しかし全ての郵便局にあるわけではないのでご都合に合わせて郵便局ホームページで調べてみましょう。

夜間は購入できる?

ゆうゆう窓口は場所によって営業時間が異なります。

中には24時間営業のところもあるので、確認してみるといいでしょう。

他にも年賀はがきを夜間に購入するならコンビニで買うという方法もあります。

でもコンビニは店舗によって販売期間や商品が異なることがあり、印刷済みの年賀はがきもあれば印刷から受付している場合もあります。

近所のコンビニが一番便利という場合は直接確認してみた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

あとがき

年賀はがきの販売期間について詳しくご紹介しました。

ゆうゆう窓口があるからと安心していると年賀状の準備はどんどん遅くなります。

元旦に届かないなんてことにもなりかねませんので気をつけておきたいですね。

また夜間の年賀はがきを販売しているゆうゆう窓口は都心などの大きな郵便局です。

利用される場合は購入は後としても調べるのは早めに済ませておきましょう。

スポンサードリンク

-年賀状
-