毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

年賀状

年賀状の一言添え書き。笑顔になる貰って嬉しいメッセージ文例!

更新日:

笑顔

⇒年賀状印刷なら『おたより本舗』がおすすめ!

年賀状を見たら思わずクスッと笑顔になるのっていいですよね。

せっかく贈る年賀状ですから相手が嬉しくなるメッセージを贈りましょう!

でも、どんな言葉を書くといいのでしょうか。

そこで、年賀状の一言添え書きで貰った相手が笑顔になる嬉しいメッセージの文例をご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状の一言添え書き。笑顔になる貰って嬉しいメッセージとは?

⇒年賀状印刷なら『おたより本舗』がおすすめ!

年賀状に一言、手書きのメッセージがあるだけで嬉しいものですが、どんなメッセージがいいのでしょう。

贈る相手やその関係性によっても様々だと思いますが、相手を笑顔にしたいときのポイントとなる一例をご紹介します。

・日頃の感謝の言葉

・健康を気遣う言葉

・相手を励ます言葉

・再会を願う言葉

・幸せを祈る言葉

・ご指導をお願いする言葉

・今年もお付き合いをお願いする言葉

これら上記のようなことは、読んだ相手も普通に嬉しいことだと思います。

他には

・相手の嬉しい出来事を一緒に祝う

・自分の近況で嬉しかった出来事を伝える

相手やそのご家族など身内に嬉しいことがあった場合にそれを一緒に喜び祝う言葉は貰った相手も嬉しいでしょう。

また自分の身の回りの嬉しい出来事などを共有するのもいいかもしれません。

ただ、そのときに気をつけたいのは自慢話のようにならないように注意することです。

自分の話題を書くときには相手と自分の関係性や文章の書き方にも注意が必要です。

年賀状の一言添え書き。笑顔になれないメッセージとは?

⇒年賀状印刷なら『おたより本舗』がおすすめ!

年賀状の一言で相手が笑顔になって欲しいと思って書いていたとしても誤解や勘違いなどで気分を害してしまうことがあるかもしれません。

それは下記のような話題です。

・結婚の話題

・子供の話題

・その他ネガティブな話題

結婚の話題とは結婚の報告のことではなく、おのろけ話のような話題のことになります。

自分は幸せの絶頂でも相手も同じとは限りません。

自分の幸せのおすそ分けのつもりでも、それが自慢話のような印象になってしまっては相手も笑顔にはなれません。

書いてはいけないわけではありませんが、書き方には十分に気をつけた方がいいと思います。

また、子供の話題は相手にもお子さんがいるような場合なら同じ状況ですから何も問題ない話題です。

しかし、年賀状を贈る相手がお子さんが欲しくても中々授かれないような方なら、とても繊細な話題になります。

そんな相手なら家族写真の年賀状を受け取って、とても笑顔にはなれないはずです。

また、まだ結婚されていない独身の相手に贈るような場合も受け取り方は人それぞれ異なります。

単純に子供がいる賑やかで幸せな家庭が羨ましいと思ってくれるならいいですが、結婚と同様に単なる自慢話のように受け取ったとしたら逆効果です。

そういう意味では相手の人柄や現在の状況などをよく考慮してから書いた方がいいでしょう。

他に仲の良い相手に何気なく書いてしまうのがネガティブな話題です。

仕事の忙しさ、育児や介護の大変さなどのアピールは年賀状にはあまり相応しくありません。

読んだ相手も楽しい嬉しいなんて気持ちになれないでしょう。

あえて年賀状でアピールする方はあまりいないと思いますが書かない方がいいでしょう。

スポンサードリンク

年賀状の一言添え書き。笑顔になる貰って嬉しいメッセージ文例!

⇒年賀状印刷なら『おたより本舗』がおすすめ!

年賀状の一言添え書きで笑顔になる貰って嬉しいメッセージ文例のご紹介です。

日頃の感謝の言葉

相手との関係が深い浅いに関わらず何かとお世話になっているものです。

年賀状では日頃の感謝を伝えると相手にも喜ばれます。

・昨年中は大変お世話になりました

・昨年は大変お世話になりありがとうございました

・旧年中はいろいろお世話になりありがとうございました

・旧年中は大変お世話になり心より感謝いたしております

・昨年は格別のご指導を賜り厚くお礼を申し上げます

健康を気遣う言葉

相手の健康を気遣う言葉は、自分だけでなく相手のことを思いやる優しさに感動します。

貰った人にとっては嬉しいでしょう。

・風邪などをひかないようにどうかご自愛ください

・寒さ厳しき折くれぐれもご自愛ください

・厳寒の折風邪など召されませんようご自愛ください

・寒さが厳しい季節ですので健康には充分ご留意ください

・まだまだ寒い毎日が続きますのでお体にはお気をつけください

・お互い元気に身体に気を付けて過ごしましょう

・お身体をお大事にしてください

相手を励ます言葉

年の初めですから、今年一年頑張ろうという意味で相手やお互いを励ます言葉もいいでしょう。

・今年は受験の年ですね お互い勉強頑張りましょう

・今年も一緒に仕事頑張りましょう

・今年も一年頑張ろう

・本年も新たな気持ちでがんばりましょう

再会を願う言葉

ご無沙汰してしまっている相手や普段中々お会いできない相手に対して、今年こそ会いたいという気持ちを伝えるのはいいと思います。

日時など具体的な予定はまた後日決めるとしても会えることを想像するだけでお互いに嬉しいはずです。

・今年はゆっくり会いたいね

・今年はたくさん会いたいね

・今年こそ一緒に旅行しようね

・またお会いしましょう

・また飲みに行こう

・またお会いできる日を楽しみにしております

・また落ち着いたらお会いしてゆっくりお話ししましょう 

・またお会いできるときまでお互い元気に過ごしましょう

幸せを祈る言葉

相手の幸せを祈る言葉というのも定番ではありますが、届いた人にとって自分の幸せを祈っている人がいるというのは嬉しいものです。

・良い一年になりますように

・素晴らしい一年になりますように

・素敵な年になりますように

・充実した一年となりますように

・笑顔と幸せで溢れる一年でありますように

・幸多き一年となりますようお祈りいたします

・幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます

・幸せいっぱいの毎日を過ごせますようにお祈りいたします

・あなたにとって素敵な幸運が訪れますように

・新しい年が◯◯さんにとって素敵な一年なりますように

ご指導をお願いする言葉

目上の人やお世話担った人に対して使う言葉になりますが、引き続きご指導をお願いしますと頼まれて嫌な思いはしないでしょう。

これらの言葉の前に昨年の感謝やお礼の言葉を書くとさらにいいと思います。

・本年もご指導のほどよろしくお願いいたします

・本年もよろしくご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます

・本年も変わらぬご指導を賜りますようよろしくお願いいたします

・本年もご指導とご鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます

・今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます

・今年も一層のご指導ご鞭撻をお願いいたします

今年もお付き合いをお願いする言葉

最後に今年のお付き合いについてもお願いしておきましょう。

定番ではありますが、大事な言葉になります。

・今年もよろしくお願いいたします

・本年もよろしくお願いいたします

・本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします

・本年も変わらぬお付き合いのほどお願い申し上げます

スポンサードリンク
関連する記事

年賀状の一言添え書き。友達・親戚・上司・目上の人・取引先へ贈るメッセージ例文

あとがき

笑う門には福が来るというように、年の初めから笑顔になることは大事なことです。

笑顔といっても微笑ましいものから大笑いするものまで様々ありますが、そのように年賀状ひとつで笑えるのは相手との関係性があればこそになります。

一番大事なのは、その大切な人のことを思って書くことです。

一言のメッセージがその縁を末永くつなぐことになるでしょう。

スポンサードリンク

-年賀状
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.