暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

寒中見舞い

余寒見舞いはがきは郵便局で販売してる?官製はがきでいい?印刷するなら?

鶯

余寒見舞いは立春過ぎに出す季節のご挨拶状になります。

暦の上ではもう春なのに、まだ寒さが残るというときのお見舞状です。

でも余寒見舞いについては詳しく知らないという方もいますよね。

そこで余寒見舞いのはがきについて

余寒見舞いはがきは郵便局で販売してる?

余寒見舞いはがきは官製はがきでいい?

余寒見舞いはがきを印刷するなら?

このようなことをご紹介します。

スポンサードリンク

余寒見舞いはがきは郵便局で販売してる?

郵便局で販売されているはがきにはお正月は「年賀状」夏は「かもめーる」と季節によりくじ付き専用はがきがありますよね。

余寒見舞いの場合はというと専用はがきはありません。

その代り郵便局では期間限定で有料の印刷サービスを扱っています。

例年通りならデザインは寒椿、日本水仙、シクラメンなど7種類ほどある中から選び、はがき代と印刷代を支払い注文することができます。

他に有料や無料のオプションとして挨拶文編集、社名・団体名印刷、宛名印刷、投函代行などがある場合があります。

納期は注文内容によりますが最短2日から5営業日程度で納品になります。

スポンサードリンク

余寒見舞いはがきは官製はがきでいい?

余寒見舞いは専用はがきがないことから郵便局で購入する場合は官製はがき(62円/枚)になります。

因みに郵便局の印刷サービスを利用する場合も同時に官製はがきを注文します。

官製はがきにはインクジェット用通常はがきの2種類から選べます。

官製はがき以外には?

官製はがきでは普通過ぎるという場合は切手を貼って出す私製はがきがおすすめです。

文房具店などで無地の私製はがきを購入し自分好みに印刷するのもいいでしょう。

また余寒見舞いの挨拶文が最初から印刷されている商品なども販売されています。

余寒見舞いはがきを印刷するなら?

余寒見舞いの印刷を検討されているなら郵便局以外にも便利で人気の業者はあります。

その中でおすすめなのがCardbox-カードボックスです。

Cardboxが人気の理由

1.デザインが豊富!
余寒見舞いだけで100種類以上

2.割引の種類が多い!
生活応援、会員、複数、Facebookいいね!などの割引

3.翌々営業日出荷!

4.会員登録ログインで全国送料無料!

5.何枚でも宛名印刷が全て無料!
宛名印刷料金(基本料金0円、印刷料金0円)キャンペーン中

6.何度でも校正無料!
専門スタッフが対応してくれて校正が何度でも無料

カードボックスは豊富なデザインから選べるだけでなく値段も割安で印刷品質もいいことから年齢を問わず人気があります。

スポンサードリンク

あとがき

年賀状や寒中見舞いは知っているけど余寒見舞いは出したことがないという方もいると思います。

そのため街中では年賀状や寒中見舞いと比較すると余寒見舞いの印刷済み商品はあまり見かけないかもしれません。

そんなときはネットの印刷サービスを利用する方が手間がかからず仕上がりも良くて納期も早いのでおすすめです。

出来るだけ早めから下調べして落ち着いて注文した方が間違いがなくていいですね。

スポンサードリンク

-寒中見舞い
-