毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

雑学

ボールペンのインクが出ないときに復活させるには?原因と対処法

投稿日:

ボールペン

普段何気なく使っているボールペンが書けなくなったときどうしますか?

急いでいるときに限って、そんなことありますよね。

インクが出ない原因は何でしょう?

どんな対処法があるのでしょうか?

そこでボールペンのインクが出ない時に復活させる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ボールペンのインクが出ないときに復活させるには?

ボールペンのインクが出ないといってもその原因は一つではありません。

そのため原因ごとに対処法も違います。

ボールペンが書けなくなったときには、まず何が原因なのか確認しましょう。

そんなときにまず知っておきたいのがボールペンの仕組みについてです。

ボールペンのインクの仕組みとは?

ボールペンってなんであんなにスラスラ書けるのでしょう?

それはボールペンの先端に回転するボールがついているからです。

そのボールの表面にインクが付着して紙に転写して文字や線が書けるのです。

このボールペンのインクが出ないのは、この仕組みが上手く機能しなくなったということです。

スポンサードリンク

ボールペンのインクが出ない原因は?

ボールペンが書けなくなったときに最初に確認したいことは何かというと

インクが残っているか?

ということです。

毎日同じボールペンを使っていれば、いずれインク切れになりますがインクが無くなれば書けないのは当然です。

そのときは芯を交換するか新しく購入しましょう。

でも問題なのはインクは残っているのに書けないときです。

インクの残量があるにも関わらずインクが出ない場合に考えられるのは以下のような原因が考えられます。

ボールペンのインクが出ない原因は?

ボールペンのインクに空気が入っている

ボールペンで使うときにペン先を水平や上に向けて書くとボールの隙間から空気が入ってしまいインクが出なくなることがあります。

ペンの先端に傷がついている

ボールペンを落としたり、ぶつけたりしたときにペン先に傷がついたりするとインクが出なくなることがあります。

他にボールペンを突き刺す道具やこじ開ける道具として使った場合にも先端が破損してインクが出なくなったり溢れたりと普通に使えないことがあります。

インクが古くなっている

長い期間ボールペンを使っていない場合に中の溶剤が蒸発して書きにくくなることがあります。

ボールペンのインクが出ないときの対処法は?

ではボールペンのインクが出ないときの対処法についてケースごとにに見ていきましょう。

ボールペンのインクに空気が入っている

ボールペンのインクに空気が入りインクがペン先に届いていない場合の対処法です。

<動画>

<手順>

1.輪ゴムテープを用意してボールペンの真ん中あたりに輪ゴムをテープで止めます。

2.輪ゴムを左右に引っ張り中央のペンが輪ゴムと垂直に交わるようにします。

3.あとは輪ゴムを何回もねじり左右に引っ張り遠心力を使ってペン先にインクが届くように回転させます。

ペンの先端に傷がついている

ボールペンの先は細く精密な加工がされているため傷がついたとしても見ただけではわかりにくいかもしれません。

完全にペン先が破損しているようなら買い替えるしかないでしょう。

しかし単にボールの滑りが悪いだけならペン先をお湯に入れて温め、水気を拭き取ったあとにティッシュなどで何度か試し書きをしてみると復活する可能性もあります。

他にライターを使って加熱する方法もありますが熱しすぎて失敗するケースが多いためお湯の方が安全です。

インクが古くなっている

インクが古い場合は替え芯を購入して取り替えるのが一番早い解決方法です。

どうしても以前の芯を復活させたい場合、先程と同様にペン先をお湯に浸して温めてみる方法を試してみましょう。

ペン先でインクが固まっているような場合は温めるだけで回復することもあります。

スポンサードリンク

あとがき

ボールペンの先はボールがついているので、ちょっと滑りが悪いと思って見てみると紙の繊維がボールの隙間に入っていることもあります。

そんなときは少し掃除をするだけでいつも通りに使えることもあるでしょう。

またペン先を温めるのはいいですがライターの火を直接あてると逆に破損してインクが漏れてくることもありますので注意しましょう。

高価で大切なボールペンであれば販売店に相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク

-雑学
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.