暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

雑学

カプセルホテルとビジネスホテルの違いは?メリットデメリットを比較!

カプセルホテル

終電を逃したりしたときにお世話になるカプセルホテル!

慣れれば快適なんですが、まだ利用したことない場合わからないことも多いですよね。

とくに泊まるときはいつもビジネスホテルという人にとっては。

そこでカプセルホテルとビジネスホテルにはどんな違いがあるのかについて、それぞれをのメリットとデメリットを比較してみました。

スポンサードリンク

カプセルホテルとビジネスホテルの違いは?

スペースの違い

ビジネスホテルは普通のホテルの一室。

それに対してカプセルホテルは畳一畳分の高さ1mほどのスペースになります。

料金の違い

ビジネスホテルの割引プランがあったり、豪華なカプセルホテルがあったりと宿泊するにしても選択肢が多いです。

しかし一般的に宿泊料金はビジネスホテルの方が高いです。

・ビジネスホテル・・・5,000円~10,000円ぐらい
・カプセルホテル・・・2,500円~4,000円ぐらい

風呂・トイレ

ビジネスホテルの風呂やトイレは個室にユニットがあるのがほとんどなので自分専用で利用できます。

しかしカプセルホテルの場合は共同スペースになります。

・ビジネスホテル・・・個室にあり
・カプセルホテル・・・個室になし(共同スペース)

男女別

カプセルホテルは個室に鍵がないため男女でフロアーやエリアが分かれているのが一般的です。

ビジネスホテルの場合は個室に鍵がかかるため同じフロアであっても問題はありません。

・ビジネスホテル・・・鍵付きの個室のためフロアは同じこともある
・カプセルホテル・・・個室スペースに鍵がないため男女別フロアーが一般的

連泊の違い

ビジネスホテルは連泊でもチェックアウトの必要はありません。

しかしカプセルホテルは一度チェックアウトしてから、もう一度チェックインという場合がほとんどです。

・ビジネスホテル・・・チェックアウト必要なし
・カプセルホテル・・・一度チェックアウト

スポンサードリンク

カプセルホテルのメリットとデメリットとは?

カプセルホテルのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

カプセルホテルのメリット

カプセルホテルのメリットの一番は料金です。

ビジネスホテルに比べて低料金なので利用しやすいといえるでしょう。

風呂やトイはが共同ですが、サッパリして寝るだけなら十分です。

サウナのような雑魚寝ではなく、一畳程度とはいえ自分用のスペースがあるのも落ち着きます。

カプセルホテルのデメリット

カプセルホテルのデメリットとしては狭さとセキュリティ、騒音でしょう。

カプセル内にはライト、目覚まし、テレビ、ラジオなどが備え付けられています。

寝ながら手が届くという意味では便利ですが、寝るスペースが布団一枚分というのは狭く感じる人もいるでしょう。

またカプセルに備え付けのカーテン一枚を下げるだけで鍵がないため貴重品はロッカーにしまう必要があります。

さらに他人が寝ているスペースが上下左右隣り合わせなので人のイビキが聞こえたり通路を歩いてくる声や足音が聞こえたりします。

神経質な方だと落ち着いて眠れないかもしれません。

ビジネスホテルのメリットとデメリットとは?

次にビジネスホテルのメリットとデメリットについてです。

ビジネスホテルのメリット

ビジネスホテルのメリットの一番はカプセルホテルに比べて広い個室です。

自分専用の空間にベッドやデスク、風呂やトイレもあるので不自由ありません。

鍵もついているのでセキュリティーも万全で完全なプライベート空間になります。

ビジネスホテルのデメリット

ビジネスホテルのデメリットは料金です。

カプセルホテルと比べると場合によっては料金が倍以上かかることもあります。

その分快適かもしれませんが、節約したいという方にとっては高く感じるでしょう。

スポンサードリンク

あとがき

他にもビジネスホテルで高い料金を払ったのに空調の効きが悪い、部屋の壁が薄いなど不満もあるかもしれません。

ただそれはカプセルホテルの場合もないわけではありません。

ホテルによって、また宿泊する部屋によっても条件やコンディションはそれぞれです。

スポンサードリンク

-雑学
-