暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

加湿器

加湿器のカビ掃除は?クエン酸の使い方は?臭い対策はどうする?

2017/09/22

加湿器 カビ

乾燥する冬は加湿器が大活躍しますが、使い続けていると気になるのがカビの発生ですね。

フィルターや給水タンク周りは特に要注意です。

酸っぱい嫌な臭いもカビや雑菌が原因ですので、そのまま使い続けると知らず知らずのうちに菌を吸い込んでしまい体にもよくありません。

しっかりと掃除して綺麗な状態を保つようにしましょう。

そこで

加湿器のカビ掃除の方法は?

クエン酸の使い方は?

臭い対策はどうすればいい?

このようなことについて調べてみました。

スポンサードリンク

加湿器のカビ掃除の方法は?

加湿器の掃除の基本はまめにすることですが、なかなか大変ですよね。

気が付いたときにはカビぬめりがあることもあります。

加湿器のカビ掃除によく使われるものとしてはおよそ以下のようなものがあります。

・クエン酸
・お酢
・消毒用エタノール
・酸素系漂白剤
・重曹
・台所用合成洗剤

しかしメーカーや製品によっては推奨しているものとそうでないものがあるので注意が必要です。

その理由は製品によって変色や変形、また故障の原因になる可能性があるためです。

加湿器の掃除は取扱説明書をよく読んでからすることが大前提になります。

これらの中で今回はクエン酸を使う方法をご紹介します。

スポンサードリンク

加湿器のカビの掃除にクエン酸の使い方は?

加湿器でカビが心配なのは加湿フィルターの部分です。

クエン酸を使ってどのように掃除をすればいいのでしょうか。

まず用意するのものです。

・バケツ(またはタライなど)
・クエン酸
・タオル

※クエン酸は薬局や薬店、通販で購入することができます。

加湿フィルターの掃除方法

1.水またはぬるま湯(約40℃以下)に1Lあたり約6gのクエン酸を溶かします。

2.フィルターを本体から外して液に浸し2時間程度つけおきします。

3.きれいな水でよくすすぎ洗いをします。

4.タオルでフィルターをやさしく拭き乾かします。

※すすぎはしっかりと行いましょう。
※フィルターは力を加えると変形し破損する可能性があるため注意します。

加湿器を使っていると水垢(白い固まりのようなカス)ができて落ちないようなことがあります。

これは水に含まれるミネラル(カルシウム)です。

クエン酸は、このような汚れも落とすことができますのでおすすめです。

関連する記事

加湿器の種類や特徴とは?メリットやデメリットは?おすすめはコレ!
加湿器はいつから使う?いつまで必要?設置の湿度の目安は?
卓上加湿器オフィスでおすすめは?USBや紙はどう?効果があるのはどれ?
加湿器の掃除の方法は?カルキ除去にはクエン酸がいい?重曹はダメ?

加湿器のカビの臭い対策はどうすればいい?

加湿器を使っていると酸っぱい嫌な臭いがすることがあります。

通常のお手入れをしても臭いがとれないような場合はどうすればいいのでしょうか。

その場合は重曹を使います。

さきほどと同様に用意するものです。

・バケツ(またはタライなど)
・重曹
・タオル

加湿フィルターの掃除方法(臭い)

1.水またはぬるま湯(約40℃以下)に1Lあたり約60gの重曹を溶かします。

2.フィルターを本体から外して液に浸し1時間程度つけおきします。

3.きれいな水でよくすすぎ洗いをします。

4.タオルでフィルターをやさしく拭き乾かします。

※すすぎはしっかりと行いましょう。

スポンサードリンク

あとがき

加湿器は水を使う性質上どうしてもカビや雑菌が繁殖しがちです。

面倒でもまめに手入れをしておいた方が清潔な状態で使うことができます。

ではどのような手入れが必要かというと

・タンクの水は毎日変える

・トレーにたまる水を毎日捨ててよく洗う

・週に1回は加湿器の掃除をすること

これらのことです。

寒い冬に水を取り替えたり排水したりは大変かもしれませんが、汚れやぬめりを見つければ早い段階で掃除できるため汚れが溜まったりすることが少なくなります。

加湿器を使うシーズンが終わったら全体を掃除してタンクの水を空にし乾かしてからしまうことが大切です。

来シーズンも安心して使えるようにして収納しましょう。

スポンサードリンク

-加湿器
-