暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

加湿器

加湿器の置き場所はどこ?エアコンの使用時は?設置する高さは?

加湿器

加湿器は部屋のどこに置くのがいいのでしょうか?

冬は乾燥するので加湿器を使おうと出してみたもののどこに置くといいのか迷いますよね。

コンセントに届くところで邪魔にならないように設置したけど大丈夫かな。

部屋全体を効率よく加湿するにはどこに置けばいいのだろう?

そこで加湿器の置き場所について調べてみました。

スポンサードリンク

加湿器の置き場所は部屋のどこがいい?

冬は空気が乾燥しますので加湿器を使用される方も多いと思います。

加湿器は水蒸気を出すため置き方によっては結露やカビの原因になりかねません。

部屋を上手に加湿するにはどこに設置するのがいいのでしょうか?

それは部屋の中央寄りがベストです。

部屋の隅におくと加湿器からでる水蒸気が全体に行き届かないため上手く加湿できない可能性があります。

部屋の中央に置くことで部屋全体に水蒸気が行き渡るイメージです。

でも真ん中に置くのは邪魔ですよね。

しかし真ん中以外に置く場合には加湿器を置くとダメな場所もあります。

加湿器を置いたらダメな場所は?

壁側や窓際

換気扇の近く

出入口付近

壁側や窓際は壁紙が水蒸気で湿ってカビの原因となったり窓際は結露になったりする可能性があります。

また換気扇の近くに加湿器を置くとせっかくの水蒸気も室内に行きわたる前に外へ排出されてしまいます。

出入口付近に置くのも同様で加湿器が正常に動作していても水蒸気は部屋に流れずドアからでていってしまい室内の湿度は上がりません。

部屋の中央や壁側以外に置くとすれば、どこに置くのがいいのでしょう?

スポンサードリンク

加湿器の置き場所エアコンの使用時はどこ?

冬場にエアコンを使うならエアコンの下が最適です。

加湿器から出る水蒸気は上昇してエアコンから吹き出す風に乗ることで効率よく部屋全体に行き届きます。

でも置き方で注意することが2つあります。

エアコンの下に置くときの注意点

1.部屋の壁からは1メートルぐらい離して置きましょう。

2.エアコンの風が加湿器本体に直接あたらないところに置きましょう。

このように冬場エアコンを使う室内で加湿器を使う場合はエアコンの真下に置くのが一番です。

暖房の暖かい風には多くの水蒸気が含まれますから部屋の奥まで行き届くでしょう。

加湿器を設置する高さは?

これで加湿器を置く場所はわかりましたが設置する高さも重要です。

ではどのぐらいの高さがいいのでしょうか?

それは床から約70cm~100cm位の高さです。

実は加湿器を置く高さは高すぎても低すぎても効果的に加湿されません。

設置場所が低すぎる場合

⇒足元など気温が低いとセンサーが湿度を高く認識してしまい加湿を抑えてしまう可能性があります。

設置場所が高すぎる場合

⇒天井付近が常に加湿されシミやカビの原因になることも考えられます。

加湿器はテーブルや椅子などを上手く利用して丁度いい高さに置くのが一番効果的に利用できる方法です。

関連する記事

加湿器はいつから使う?いつまで必要?設置の湿度の目安は?
卓上加湿器オフィスでおすすめは?USBや紙はどう?効果があるのはどれ?
加湿器の掃除の方法は?カルキ除去にはクエン酸がいい?重曹はダメ?
加湿器のカビ掃除は?クエン酸の使い方は?臭い対策はどうする?
加湿器の種類や特徴とは?メリットやデメリットは?おすすめはコレ!

スポンサードリンク

あとがき

加湿器の置き場所や高さは効果的に使用する場合には重要です。

お部屋はそれぞれですから色々と試してみて最適な場所を探してみましょう。

また台の上にのせる場合は加湿器が倒れたりコードにひっかかったりしないように注意しましょう。

もし寝室で使うような場合はどうされていますか?

寝るとき暖房を消して眠るなら気温が下がりますので湿度は逆に上がります。

そのため加湿器は消しておいた方が安全です。

お部屋の加湿はし過ぎるのも良くないのでマスクやのど飴など合わせて対策されてみてください。

関連記事

-加湿器
-