暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暑気払い

暑気払いの司会進行の台本は?挨拶の順番と台詞の例文はコレ!

2017/09/16

司会

夏になると暑気払いと称して飲み会を開催する会社も多いですよね。

毎年恒例行事という会社もあるのではないでしょうか。

もし今年の暑気払いの司会を頼まれたらどうすればいいのでしょう?

どんな段取りで進めればいいのでしょうか?

そこで

暑気払いの司会進行の台本は?

挨拶の順番はどうする?

台詞(セリフ)の例文

このようなことについて調べてみました。

スポンサードリンク

暑気払いの司会進行の台本は?

まず気になるのが暑気払いの全体の流れです。

↓ 暑気払いって何?という方はこちらのページをご覧ください。
暑気払いとは?時期はいつがベスト?案内文のビジネス例文は?

まずは暑気払いの台本(シナリオ)からみてみましょう。

暑気払い全体の流れ

1 開会宣言

2 開会の挨拶

3 乾杯

4 食事・歓談

5 締めの挨拶(一本締めなど)

6 閉会宣言

これが暑気払いの基本的な流れです。

これだけ色々と段取りがあるように見えて司会者の挨拶は以下の二つだけです。

開会宣言と閉会宣言

進行のアナウンスは食事・歓談ぐらいで、あとは挨拶する人を紹介します。

開会の挨拶
乾杯の挨拶
締めの挨拶

司会の重要な役割は?

開会から閉会まで滞りなくスマートに進行するには時間配分が大事です。

幹事とも相談しながら最初に台本を用意して遅れないように注意しながら進行していきましょう。

スポンサードリンク

暑気払いの司会は挨拶の順番をどうすればいい?

暑気払いのそれぞれの役割を誰に依頼するのがいいのでしょうか。

開会の挨拶
乾杯
締めの挨拶(一本締めなど)

会社の役職者にお願いする場合には相応しい順番がありますので注意しましょう。

開会の挨拶

一番役職が高い人

開会の挨拶はお酒が入っていないときに行う最も重要な挨拶になります。

そのため会場で一番上の役職の人が行い、そのまま乾杯の音頭をとってもらうこともあります。

乾杯

三番目に役職が高い人

乾杯の音頭は開会の挨拶を行う人が続けて行うこともありますが、そうでない場合は会場で役職が三番目に高い人が行います。

締めの挨拶(一本締めなど)

二番目に役職が高い人

締めの挨拶は最後の挨拶になります。

しっかりと締めて終わることで明日からまた仕事を頑張ろうとなるのが理想です。

会場では二番目に役職の高い人が行います。

暑気払いの司会で台詞(セリフ)の例文はコレ!

暑気払いの司会のセリフについて例文をご紹介します。

この流れを元に自分の会社用にアレンジしてみてください。

1 開会宣言

今日はお忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。

それではこれより、暑気払いを始めたいと思います。

本日司会を務めさせていただきます営業部の川上と申します。

どうぞ、よろしくお願い致します。

2 開会の挨拶

まずはじめに佐藤部長より一言お言葉を頂戴します。佐藤部長よろしくお願いします。

3 乾杯

次に高橋係長に乾杯の音頭をお取り頂きます。高橋係長よろしくお願いします。

4 食事・歓談

それではしばらくお食事とご歓談をお楽しみください。

5 締めの挨拶(一本締めなど)

宴もたけなわではございますが、お時間のほうがまいりましたので締めの挨拶を山田課長にお願いしたいと思います。
山田課長よろしくお願いします。

6 閉会宣言

本日はこれでお開きとしたいと思います。
皆さん、忘れ物がないように注意して気をつけて帰って下さい。

スポンサードリンク

あとがき

暑気払いの意味は暑さをうち払うことです。

せっかく集まっていただいた皆さんに大いに飲んで食べて楽しんで頂きたいですね。

全体を見渡して声をかけたりするのも司会や幹事など会の運営側の人の役割です。

今年の暑気払いは楽しかったなー、また来年もしよう!

と言ってもらえるように全員で盛り上げていきましょう。

スポンサードリンク

-暑気払い
-