暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

年賀状

年賀状にボールペンは失礼?青インクでもいい?ペンのおすすめは?

年賀状 ボールペン

年賀状を書くときにどんなペンを使うのがいいのでしょう。

普段使い慣れたボールペンでもいいのかな?

でもボールペンで書かれた年賀状ってあまり見かけないですよね。

やっぱり筆ペンの方がいいのでしょうか?

そこで

年賀状にボールペンは失礼?

年賀状は青インクでもいい?

年賀状に使うペンのおすすめは?

このような年賀状に使うペンについてご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状にボールペンは失礼?

年賀状をボールペンで書くのは失礼なのでしょうか?

もしそうならどんなペンが相応しいのでしょう。

ボールペンで書くのは失礼?

年賀状をボールペンで書くのは一般的には良くないとされています。

その理由としてはボールペンで書かれた文字は細く貧弱な印象をうけることや事務的にみえるためです。

では年賀状にはどのような文字が相応しいかというと太く濃い文字の方が縁起が良くみえて好まれるようです。

ボールペン以外のペンにはどんなものがある?

年賀状の宛名やメッセージを手書きで書く場合にボールペン以外ならどんなペンがいいのでしょう?

相応しいものから順番にご紹介します。

1.毛筆

毛筆なら太くて濃い力強い文字が書けるため最も相応しいと思います。

ただ筆の扱いに慣れていないと難しいところもありますので自信がない場合は筆ペンの方がいいでしょう。

2.筆ペン

お馴染みの筆ペンはコンビニや文房具店など身近で買えて値段も安く手頃です。

筆を使うことに馴染みがなくても使いやすいのでおすすめです。

3.油性ペン

書いたあと早く乾き滲みにくいといえば油性ペンです。

太さも細いものや太いものが選べるので使いやすいでしょう。

スポンサードリンク

年賀状に青インクでもいい?

年賀状を書くときに青インクで書いてもいいのでしょうか?

書類によっては黒または青のインクで書くように注意書きがあり普段から青ペンを使っている人もいます。

ただ年賀状の場合は新年のご挨拶です。

カラーインクを好まない人もいるため選ぶなら黒の方が無難です。

青インクと一口にいっても黒に近い紺色もあればあざやかなスカイブルーもあります。

程度によっては大丈夫な場合もありますが相手がどう思うか不安なら黒にしておきましょう。

日本は昔から墨を使う文化ですので、あえて青インクを選ぶ必要はないでしょう。

年賀状に使うペンのおすすめは?

年賀状に使うペンのおすすめをご紹介します。

筆ペン

賀詞や一言メッセージには筆ペンがおすすめです。

一本だけなら中字が使いやすいと思いますが太字や極細もあるため枚数を書くなら使い分けしてもいいかもしれません。

印刷の年賀状が多い中、手書きの年賀状はいい意味で目立ちますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便なら送料120円】ぺんてる筆ペン染料 中字 XFL2L
価格:274円(税込、送料別) (2018/10/11時点)

宛名書きペン

年賀状の宛名を書くときに筆ペンを使うと画数が多い漢字は潰れてしまうこともありますよね。

そんなことで誤配なんてことになったら困ります。

そんなときは油性ゲルインクの宛名書きペンが便利かもしれません。

太字、細字、極細と太さも選べて慣れない筆ペンで書くよりも読みやすいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PILOT パイロット 宛名書きペン 太字【メール便可】 ブラック
価格:103円(税込、送料別) (2018/10/11時点)

スポンサードリンク

あとがき

年賀状で使うペンを選ぶなら年賀はがきの紙も相性の良い書きやすいもの選んだ方がいいでしょう。

年賀はがきの紙には普通紙、インクジェット紙、またインクジェット写真用があります。

普通紙の場合は鉛筆、シャープペン、万年筆など先の硬いペンが適しています。

またインクジェット紙であれば筆ペンやサインペンなどの先の柔らかいペンに向いています。

年賀状の準備は枚数が多いと大変ですが、年が変わって最初のご挨拶ですから心を込めて丁寧に書きましょう。

頑張ってくださいね。

スポンサードリンク

-年賀状
-