暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

年賀状

年賀状の一言添え書き。親戚へ健康を気遣うメッセージ文例!

年賀状

親戚に送る年賀状一言が思いつかない

面倒だからこのまま書かずに出そうかな・・・

なんて思っていませんか?

親戚といっても相手との関係性もそれぞれで

何を書いたらいいか迷いますよね。

そんなときは

健康を気遣う言葉がおすすめです。

そこで年賀状の一言添え書きで親戚へ健康を気遣うメッセージの文例をご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状の一言添え書きについて

年賀状の一言添え書きは面倒ですが必要なのでしょうか?

また、書くときはどんな内容が相応しいのでしょう?

注意点も含めてご紹介します。

年賀状の一言添え書きは必要?

印刷しただけの年賀状は賀詞新年のご挨拶文がかかれていますが誰に対しても同じで機械的な印象を受けます。

これではもらった人も嬉しくないですよね。

印刷しただけの年賀状

・誰でも同じ文面

・機械的な印象

そこに相手のことを考えて一言だけでもメッセージを書くと心のこもった年賀状になります。

相手の状況に応じてメッセージは違うので、もらった人も自分のことを思って書いてくれたとわかり嬉しく感じます。

一言添え書きのある年賀状

・心のこもったメッセージ

・特別感があり嬉しく感じる

年賀状の一言添え書きに何書く?

でも親戚への年賀状にどんな一言を書けばいいのでしょう?

一言添え書きに相応しい内容は以下のようになります。

親戚への一言添え書きの内容

相手を気づかう言葉
お元気ですか?

ご無沙汰しているお詫び
すっかりご無沙汰しております

自分の近況報告
こちらは皆変わりなく過ごしております

日頃の感謝の言葉
いつもお心遣いをありがとうございます

相手の健康を願う言葉
寒い日が続きますのでお体にはお気をつけください

重複しないように注意

書くときに気をつけたいのが既に印刷している挨拶文と同じような内容を書かないことです。

昨年のお礼や今年もお付き合いをお願いする言葉などは印刷されていることが多いので注意しましょう。

年賀状の一言はどこに書く?

年賀状の一言添え書きはどこに書けばいいのでしょう?

年賀はがき裏面の余白部分に書きます。

バランスよく綺麗に仕上げるためには印刷する前にメッセージを書くスペースを空けて作成するようにします。

賀詞(印刷)

新年のご挨拶(印刷)

一言添え書き(手書き)
※このスペースを確保する

絵柄付き年賀状など挨拶文が印刷済みの場合は、賀詞と挨拶文の後に添えるといいでしょう。

手書きで書いた方がいい?

自分の字に自信がない方はつい印刷しようと思いがちです

達筆すぎて読めないというのは困りますが、一文字一文字丁寧に書かれたメッセージの方が気持ちが伝わります。

スポンサードリンク

年賀状の一言。親戚へ健康を気遣う言葉とは?

健康を気づかう言葉は締めに用いられることが多く誰に対してもつかえる便利な言葉です。

その中でもとくに頻繁に使われるのは

ご自愛という言葉です。

ご自愛くださいの意味と使い方

『ご自愛ください』の意味と使い方についてご説明します。

ご自愛とは?

自愛とは自分を愛すると書いて自分を大切にするということです。

また自身の健康状態に気をつけるという意味もあります。

○・・・ご自愛ください

このようにメッセージに書くと「あなたのお体のこと大切にされてください」という意味になります。

でもこのご自愛という言葉は間違った使い方をしやすいので注意してください。

×・・・お体ご自愛ください

最初にお体をつけると間違いになります。

それはお体はご自愛という言葉の意味に含まれるので二重になってしまうためです。

※似たような間違いに”頭痛が痛い”というのがあります。

つい書いてしまいそうなメッセージですので気をつけておきましょう!

×・・・ご慈愛ください

このように書くと、あなたの深い愛情を私にくださいという意味になります。

それらしい言葉のようにも見えますが相手の体を気遣う言葉ではありませんので注意しましょう。

×・・・体調を崩している人に対してつかう

ご自愛は相手の体調を気遣う言葉なので既に相手が体調を崩している場合には相応しくありません。

そのときは、『一日も早く回復することをお祈り申し上げます』とする方がいいでしょう。

年賀状の一言。健康を気遣うメッセージ文例!

相手の健康を気遣う言葉には『ご自愛ください』の他にも様々な言い方があります。

・どうかご自愛ください

・くれぐれもご自愛ください

・お体を大切にしてください

・お体をお大事になさって下さい

・お体にはお気をつけください

・健康には充分ご留意ください

これらの言葉を書いただけでは物足りませんので、その前に言葉を付け足すとこのようになります。

・寒さ厳しき折くれぐれもご自愛ください

・厳寒の折風邪など召されませんようご自愛ください

・厳しい寒さが続きますのでどうかお体にはお気をつけください

・まだまだ寒い毎日が続きますのでお体にはお気をつけください

・まだまだ寒さが厳しい季節ですので健康には充分ご留意ください

・風邪をひかないようどうかご自愛ください

・風邪などひかないようお体に気をつけてください

・健康に気をつけて良い一年をお過ごしください

スポンサードリンク

あとがき

年賀状の一言添え書きについてご紹介しました。

親戚の方といっても近所でよく話す親しい方や遠方でほとんどあったことのない方など自分と相手との関係も様々です。

どんな一言がいいかと考えてしまうのも無理はないでしょう。

そんなとき自分の健康を気づかってもらって悪い気がする人はいないと思います。

とくに寒い冬だからこそ思いやりを感じる嬉しい言葉ではないでしょうか。

スポンサードリンク

-年賀状
-