暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

お見舞い

お見舞い金額の相場は?親や兄弟や友人や会社関係ではいくら包むべき

お見舞い

入院したときお見舞い金はいくら包めばいいのでしょう。

突然のことだし、めったにないことなので悩みますよね。

そこでお見舞い金額相場について、祖父母・両親・兄弟・孫・親戚などの身内や友人・知人・ご近所の人、また会社関係の同僚・上司・部下の場合をご紹介します。

スポンサードリンク

お見舞い金額の相場は?

お見舞いに伺う場合にはお見舞いの品物を持参することもあります。

しかし相手が喜ぶ品物がわからないような場合にはお見舞い金を渡しますよね。

そのお見舞いの金額には相場は

自分と相手との関係性で変わります。

身内の人ほど金額は多くなり、関係性が薄い人ほど金額は少なくなります。

では、それぞれのお見舞い金額の相場をみてみましょう。

祖父母・両親・兄弟・孫・親戚

自分にとって身内にあたる祖父母や両親、また兄弟や孫や親戚が入院した場合です。

身内の場合はお見舞い金額の相場はおよそ下記のようになります。

<祖父母・両親・兄弟・孫・親戚>

5,000~10,000円

ただ相手との関係性によってはこの金額の幅に収まらないというケースもあるかもしれません。

金額の相場は地域や家庭によって違いがあることもありますので、迷った場合は身内で相談してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

友人・知人・ご近所

次に友人・知人・ご近所の場合についてです。

日頃から付き合いのある親しい方のお見舞いとなるとお見舞い金も多く考えがちです。

しかし退院後のお返しはお見舞い金の1/2~1/3が目安ですので、かえって相手に負担をかけてしまう可能性もあります。

付き合いの程度は人それぞれになりますが、お見舞いの金額はこのぐらいが相場になります。

<友人・知人・ご近所>

3,000~5,000円

周りの方も同時にお見舞い金を用意する場合は、いくらぐらい包むのか相談されるといいでしょう。

上司・部下・同僚

次に会社関係の同僚・上司・部下が入院した場合のお見舞い金の相場になります。

仕事関係の場合、会社によって規則や慣例があることもあるため対応もそれぞれです。

まずは部署の上司や社内の関係者などと相談してみることをおすすめします。

有志数名で出す場合は一人当たり3,000円ぐらいが相場になります。

<上司>

一般的に上司に対してお見舞い金を用意するのは失礼にあたるといわれます。

本来は入院中に必要なものなどお見舞いの品を用意するからです。

ただお見舞いの品といってもどんな品物が相応しいのか迷うと思いますので、その場合は社内で相談した方がいいでしょう。

もしお見舞い金として渡すようであればいか以下のような金額が相場になります。

3,000円~10,000円

<部下>

部下の場合のお見舞い金額の相場は、それぞれの立場にもよりますが以下のようになります。

3,000円~5,000円

<同僚>

同僚の場合もあまり高額にならないようにして、金額の相場は以下のようになります。

3,000円~5,000円

縁起が悪い数字とは?

お見舞いの場合、とくに気をつけておきたいのが縁起の良し悪しです。

お見舞いの金額の数字にも忌み数があるので注意した方がいいでしょう。

忌み数 ⇒ 4・6・9

・4 ⇒ 死
・6 ⇒ 無に帰す
・9 ⇒ 苦しむ

ちょっと縁起でもないですよね。

この他に13は欧米で不吉な数字といわれているのでお見舞いには相応しくない数字です。

スポンサードリンク

あとがき

お見舞いの金額の相場についてご紹介しました。

親や兄弟のような身内や友人やご近所、また会社関係などお見舞い金を包む場面は様々です。

それぞれ金額の相場もありますので相手に気をつかわせないように配慮しましょう。

お見舞いは相手のことを思いやる気持ちが大事です。

スポンサードリンク

-お見舞い
-