毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

新入社員

新入社員の自己紹介は何を言えばいい?ポイントと例文を紹介!

投稿日:

自己紹介

新入社員が入社して最初に緊張する場面が自己紹介ですよね。

これから一緒に働く上司や先輩を前にどんなことを話せば良いのでしょう。

はじめが肝心ですから好印象でサクッと済ませたいですよね。

そこで新入社員の自己紹介のポイントと例文をご紹介します。

スポンサードリンク

新入社員の自己紹介のポイントは?

そもそも自己紹介というは何でしょうか?

そこを抑えておかないと何を伝えるべきなのか見失うかもしれません。

自己紹介は文字通り自分のことを知らない相手に自分自身を紹介することです。

そのため、どんなことを話せば自分のことを知ってもらえるのかと考えて伝えるべきことを絞ってきましょう。

また会社における自己紹介であり、入社したての新入社員という立場ということも重要です。

自己紹介に盛り込みたい内容とは?

自己紹介には話に盛り込みたい項目がいくつかあります。

例文を見る前にポイントを抑えておきましょう。

自己紹介に盛り込みたい内容は

・名前 ※フルネームで(他に出身地や学校名など)
・入社の喜びや感謝
・自分の人間性(性格や趣味など)
・仕事への意欲と今後の抱負
・指導をお願いする言葉

ここに書かれた全てを網羅して話す必要はありません。

大事なのは自分は誰でどんな人間なのか、仕事に対する意欲や今後の抱負という部分です。

自己紹介で気をつけたいこととは?

元気に話す

新入社員ですからはつらつとした姿勢は大事です。

声が小さいとやる気がないか具合が悪いと勘違いされる可能性はあります。

新人は元気があるというだけで周りに良い影響があり印象はいいものです。

意欲(やる気)をアピール

新人だからこそ仕事ができないとしても当然といえば当然です。

だから人一倍努力して早く一人前になるという姿勢は周りから評価されます。

自分の目標を発表するなどして有言実行できれば大勢の信頼を得られるでしょう。

簡潔にまとめる

自己紹介をするのにダラダラと長い話は禁物です。

会ったばかりの興味のない新人の話を上司先輩は長々とは聞いていられません。

伝えるべき要点を整理して簡潔にまとめ好印象を残す方がいいでしょう。

丁寧に話す

相手は会社の上司や先輩ですから言葉使いを気をつけるのはもちろんです。

さらに伝えたいことが伝わりやすいように工夫することも大事です。

こういうこと一つ一つが仕事の評価にもつながります。

面白ネタは状況に応じて

面白い自己紹介は親しみがあり、周りと一気に打ち解ける可能性があります。

そのため創意工夫という点ではいいと思いますが職場の雰囲気にもよります。

また行き過ぎたときに逆にマイナスにならないともいえませんので状況判断は大事です。

自己紹介が得意でないならハードルはあげず無難に済ませるというのも一つの方法です。

スポンサードリンク

新入社員の自己紹介の例文

それでは新入社員の自己紹介の例文についてご紹介します。

シンプルな自己紹介

営業部に配属になりました○○○○です。出身は○○県、大学は○○大学○○学部です。
体を動かすことが好きなので休日はフットサルをしています。

営業を選んだのは父親が営業マンだったから小さい頃から見て憧れていました。
一日でも早く一人前になってこの会社の戦力になれるように頑張ります。

不器用なところもありますが一生懸命努力しますのでご指導よろしくお願い致します。

趣味をアピールする自己紹介

おはようございます。今月から経理部でお世話になります○○○○です。
○○県の出身で周りが山や川など自然が豊かな田舎で育ちました。

大学は○○大学で入学のときに上京し都会の人の多さにびっくりしました。
私の趣味はラーメンが大好きなのでラーメンの食べ歩きをすることです。
こうみえて結構大食いなんです^^
都内の美味しいラーメン屋さんならたくさん知っていますので何でも聞いてください。

性格は真面目で数字には強い方なので経理部は本当に自分に合っていると思います。
迷惑をかけることもあるかもしれませんが、早く仕事を覚えて皆さんのお役に立てるように頑張ります。
どうぞ、よろしくお願いします。

特技をアピールする自己紹介

本日入社しました商品企画部の○○○○です。
出身は○○や○○が名産の○○県です。
子供の頃から○○を食べて育ちました。

自分の趣味は旅行です。
学生時代は貧乏旅行ですが、国内・海外いろいろと旅をしました。
英語も独学ですが会話で困らない程度は話せますので仕事でもきっと活かせると思いこの仕事を志望しました。
旅行先のことでご相談があればアドバイスできると思いますので気軽にお声をかけてください。

はじめは仕事でわからないことも多くご迷惑をかけるかもしれませんが、やる気は人一倍あります!
早く皆さんに頼りにされるように日々頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

スポンサードリンク

あとがき

新入社員の自己紹介についてご紹介しました。

会社や部署によっても違いはありますので、それぞれ微調整して望むといいでしょう。

また職場のみんなが注目する場面なので誰でも緊張するのは仕方ないことです。

むしろ良い緊張感だと思って堂々としていればいいと思います。

すぐ打ち解けて仲良くなれるでしょう。

自己紹介、頑張ってください。

スポンサードリンク

-新入社員
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.