毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

新入社員

新入社員の挨拶メール!社内や社外に送る件名と例文は?

投稿日:

挨拶メール

入社すると最初に自己紹介をしますが、職場によっては口頭で行うとは限りません。

各フロア各部署に挨拶する必要がある場合はメールを使うこともあります。

そんなときどんなことに注意してどんなメールを送ればいいのでしょうか?

新入社員の挨拶メールの件名や例文について社内と社外に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

新入社員の挨拶メールのポイント

挨拶メールを送るときに気をつけたいポイントについて確認しておきましょう。

挨拶メールはいつ送る?

挨拶メールは入社初日に送ります。

最初の自己紹介を兼ねた御挨拶ですから遅くなってからでは意味がありません。

会社の雰囲気にもよりますが、遅すぎるよりは早い方が好まれます。

自分のパソコンのメールの設定を済ませたら、上司に確認してからすばやく行いましょう。

件名はメール内容がわかりすく

件名はメールの内容がひと目でわかるように書きましょう。

「御挨拶」と書いただけでは何のことかわかりません。

また自分の名前を書いても新入社員ですから誰?と思われ伝わりません。

さらに件名によっては単なる迷惑メールと勘違いされる可能性がありますので注意しましょう。

挨拶メールの内容は簡潔にわかりやすく

メールだからといってあれこれ書くと大変な長さになります。

内容があまりなく長々とした挨拶文は読む方も苦痛です。

いったい何がいいたいの?

と思われて印象が悪くなることも考えられます。

第一印象は重要ですので簡潔にわかりやすい文章を心がけましょう。

挨拶メールに盛り込みたい内容とは?

名前・・・

名前はフルネームで書きます。

読みにくい場合は、本文の中でフリガナを降った方が丁寧です。

出身地・・・

社内には同じ地方の出身の人がいるかも知れません。

個人情報ですので書いても問題がない範囲で伝えましょう。

出身大学(高校など)・・・

社内の先輩に同じ学校の卒業生がいるかもしれません。

個人情報ですので書いても問題がない範囲で伝えましょう。

配属先部署・・・

他の部署への配属先が決まっているようであれば配属先部署名などを書いておきましょう。

自分の性格や人柄など・・・

自分の長所や短所など性格のことや特技や趣味などを書くといいでしょう。

仕事への意欲・・・

具体的な仕事の内容はわからないまでも意欲を示すことはできます。

最初の挨拶だからこそ、やる気や意欲だけは書いておきましょう。

また夢中で書いていると長々としたまとまらない文章になりがちです。

要点をおさえ簡潔にまとめて書くのがポイントです。

指導をお願いする言葉・・・

最後はこれからお世話になる各方面の方に向けて、ご指導をお願いする言葉でまとめるといいでしょう。

スポンサードリンク

新入社員の挨拶メール!社内に送る場合の件名と例文は?

最初に社内での挨拶メールについてご紹介します。

社内の送る場合の件名

新入社員の挨拶メールの件名の例はこのようになります。

例)

・入社のご挨拶 新入社員○○○○

・入社の御挨拶 ○○部 ○○○○

・配属の御挨拶 ○○○○

社内に同じ名字の人がいるかも知れませんので自分の名前はフルネームで書きます。

社内の送る場合の例文

次にメール本文についてです。

○○課長

はじめまして。

突然のメール失礼いたします。

私、本日4月1日より入社いたしました○○○○と申します。

今春3月に○○大学○○学部を卒業し、札幌より上京して参りました。

まだ入社してわからないことばかりですが、早く仕事を覚えて一日も早く戦力となれるよう努力して参ります。

○○課長には、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

新入社員の挨拶メール!取引先に送る場合の件名と例文は?

続いて社外の取引先へ送るご挨拶メールです。

取引先へ送る場合の件名

社外の取引先へのご挨拶メールの件名の注意点としては、自分の会社名と名前を入れるといいでしょう。

例)

着任のご挨拶 株式会社○○ ○○○○

取引先へ送る場合の例文

次にメール本文についてです。

社外の場合は社内のように詳しい個人情報は必要ありません。

まだお会いしたこともない社外取引先の方なので、はじめは無難に印象の良いメールにしておきましょう。

出身がどこなど詳しい自己紹介については、実際にお会いするタイミングでもいいでしょう。

○○○○株式会社

企画部
○○○○様

平素より大変お世話になっております。

この度、初めてご連絡を差し上げます、
株式会社○○の○○○○と申します。

さて、この度4月1日付で○○支店営業部に着任いたしましたのでご連絡申し上げます。

貴社のお役に立てるよう日々誠心誠意努力して参りますので、ご指導のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

なお近日中にあらためてご挨拶に伺わせていただきますのでその節はよろしくお願い致します。

メールにて恐縮ではございますが、まずは着任のご挨拶を申し上げます。

スポンサードリンク

あとがき

取引先へのご挨拶については新人だからという内容は特別ありません。

相手にとってはこれまで通りにお付き合いできればいいだけです。

ただ、着任した最初のご挨拶なので早い段階で丁寧に連絡しましょう。

もちろん社外取引先ですので、入社したてで勝手に送るようなことはしない方がいいでしょう。

上司に確認してからの方が確実です。

とくにはじめが肝心ですので慌てず落ち着いて行動しましょう。

スポンサードリンク

-新入社員
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.