毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

長寿

還暦とは何歳?干支が一周するって?ちゃんちゃんこを着る意味は?

更新日:

還暦

現代の寿命は昔に比べて長くなり、人生100年と言われる時代。

身近な人の長寿のお祝いはしっかりと祝いたいですよね。

でも、還暦とは何歳のお祝いなのかわかりますか?

干支が一周するってどういう意味でしょうか?

なぜ還暦にちゃんちゃんこを着るのでしょう。

このような還暦の疑問についてご紹介します。

スポンサードリンク

還暦とは何歳?

還暦とは何歳のことでしょうか?

還暦とは長寿のお祝いの一つで、60歳を迎えたお祝いになります。

満年齢なら60歳、数え年でいうと61歳です。

一般的には数え年でお祝いをしますが、満年齢でお祝いすることもあります。

また最近は数え年で60歳の年にお祝いされる方も増えてきています。

満年齢か数え歳か、ご家庭のご都合で相談して決めるといいでしょう。

満年齢と数え年とは?

満年齢とは、生まれた日を0歳として誕生日を迎えるたびに年を加算する数え方です。一方、数え年とは、生まれた日を1歳として元旦を迎えるたびに年を加算する数え方です。

還暦の他に長寿のお祝いには下記があります。

長寿のお祝いの種類

・60歳(61歳)・・・還暦
・70歳・・・古希
・77歳・・・喜寿
・80歳・・・傘寿
・88歳・・・米寿
・90歳・・・卒寿
・99歳・・・白寿
・100歳・・・百寿

もともと、長寿のお祝いは奈良時代に干支と同時に中国から伝わりました。

当時の日本人の平均寿命は現代と比べかなり短かったため、還暦をお祝いするようなことはなかったようです。

40歳で初老という時代ですので、「四十の賀」「五十の賀」「六十の賀」という10年おきに儀礼の形をとっていました。

それから時が経ち、還暦のお祝いをするようになるのは、平均寿命も伸びた室町時代頃からになります。

それが、江戸時代になる頃には還暦のお祝いという習慣が庶民にまで広まっていきます。

スポンサードリンク

還暦で干支が一周するって?

還暦とは暦が還る(かえる)と書きますが、どんな意味があるのでしょうか?

実は60歳で還暦のお祝いをする理由は干支が一周して暦が還るからなんです。

干支が一周するというのはどういうことなのでしょう。

干支は「十二支(じゅうにし)」と「十干(じっかん)」の組み合わせのことになります。

・十二支・・・「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」

・十干・・・「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」

「甲子・乙丑・丙寅・・・・・辛酉・壬戌・癸亥」のように一年に一つづつの組み合わせで、60年かけて一巡するようになっています。

十二支十干とは
1.甲子
こうし
2.乙丑
いっちゅう
3.丙寅
へいいん
4.丁卯
ていぼう
5.戊辰
ぼしん
6.己巳
きし
7.庚午
こうご
8.辛未
しんび
9.壬申
じんしん
10.癸酉
きゆう
11.甲戌
こうじゅつ
12.乙亥
いつがい
13.丙子
へいし
14.丁丑
ていちゅう
15.戊寅
ぼいん
16.己卯
きぼう
17.庚辰
こうしん
18.辛巳
しんし
19.壬午
じんご
20.癸未
きび
21.甲申
こうしん
22.乙酉
いつゆう
23.丙戌
へいじゅつ
24.丁亥
ていがい
25.戊子
ぼし
26.己丑
きちゅう
27.庚寅
こういん
28.辛卯
しんぼう
29.壬辰
じんしん
30.癸巳
きし
31.甲午
こうご
32.乙未
いつび
33.丙申
へいしん
34.丁酉
ていゆう
35.戊戌
ぼじゅつ
36.己亥
きがい
37.庚子
こうし
38.辛丑
しんちゅう
39.壬寅
じんいん
40.癸卯
きぼう
41.甲辰
こうしん
42.乙巳
いっし
43.丙午
へいご
44.丁未
ていび
45.戊申
ぼしん
46.己酉
きゆう
47.庚戌
こうじゅつ
48.辛亥
しんがい
49.壬子
じんし
50.癸丑
きちゅう
51.甲寅
こういん
52.乙卯
いつぼう
53.丙辰
へいしん
54.丁巳
ていし
55.戊午
ぼご
56.己未
きび
57.庚申
こうしん
58.辛酉
しんゆう
59.壬戌
じんじゅつ
60.癸亥
きがい

還暦にちゃんちゃんこを着る意味は?

人生100年といわれる現代で、60歳はまだまだ働き盛りかもしれません。

しかし、平均寿命が短かった昔の人からすれば長寿となりお祝いすべき年齢だったのです。

現代では人生の区切りであり節目という感じになるでしょうか。

還暦は、暦が還ることから「本卦還り(ほんけがえり)」とも呼ばれ、生まれた年の干支に戻ることから生まれ直しとされます。

生まれ直しは赤ちゃんに戻るという意味になり、還暦に赤いちゃんちゃんこを贈るという慣習が生まれました。

この赤には魔除けの意味があり、昔は赤ちゃんの産着に赤色が用いられていました。

スポンサードリンク

あとがき

還暦は数え歳でお祝いするのが一般的ですが、現代では満年齢でお祝いすることもありどちらも間違いではないようです。

それぞれのご家庭で相談してお祝いしてみてください。

赤いちゃんちゃんこが実用的でないため、頂いたとしても本人がそれほど嬉しくないなんてこともあるようです。

そのような場合は、赤いシャツやネクタイ、スカーフなど赤にまつわるものをプレゼントの候補にするといいでしょう。

お祝いのメッセージとともに花束なども用意すれば素敵なお祝いになります。

スポンサードリンク

-長寿
-,

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.