暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

年賀状

年賀状に添える一言。上司に送るメッセージの文例はこれで完璧!

2018/07/12

年賀状

年賀状の印刷が終わってみると気になるのが

余白の部分

書かないで投函することもできますが、なんか物足りなく手抜き感があります。

綺麗に印刷されていても見方によっては機械的でつまらない印象ですよね。

この年賀状を送る相手が上司なら

一言添えた方が好印象です。

では、どんな一言がいいのでしょうか?

そこで年賀状に添える一言の文例を調べてみました。

スポンサードリンク

年賀状に添える一言はどんな内容を書く?

まず年賀状に添える一言を考える前に年賀状の紙面に印刷された文章に注目です。

謹賀新年

旧年中は大変お世話になりました
本年もよろしくお願い申し上げます

どの年賀状も基本的にはこのような意味の文章(定型文)を印刷します。

そのため添える一言は既に印刷してあるような言葉だけ書いても重複してそれほど意味がありません。

それでは

どんな内容を書けばいいのでしょうか?

上司に送る年賀状に一言メッセージを添える場合、相応しい内容は4つあります。

年賀状に添える一言の内容は

ご指導への感謝の言葉
昨年のご指導やアドバイス、またフォローに対して感謝やお礼の気持ちを書きます。

ご指導をお願いする言葉
あらためて新年からも仕事上のご指導をお願いします。

新年の抱負
新年を迎えて今年はどうするのか、仕事における自分なりの計画や決意を記します。

健康を気づかう言葉
相手の健康を気遣う言葉を書きます。

このような内容は定型文もありますが、自分らしい言葉も交えて書くといいでしょう。

今年あったことを思い出して具体的なことを書くとより伝わりやすいと思います。

さらに

大事なのは手書きで書くことです。

印刷の文字では込められた思いやその人らしさが伝わりにくくなります。

字が下手でも自分の文字で丁寧に書いた方が言葉に温かみがあり印象も良くなります。

ボールペンで書いてもいい?
ボールペンはあまりおすすめできません。その理由は事務的に見えてしまうためです。筆ペンや油性フェルトペンがいいでしょう。

スポンサードリンク

年賀状に添える一言 上司に送る文例は?

それでは上司宛の年賀状に添える一言の文例をご紹介します。

先程の年賀状に添える一言の内容に沿ってみてみましょう。

ご指導への感謝の文例

昨年は親身なご指導をいただきありがとうございました

昨年は何かとご指導いただき厚く御礼申し上げます

旧年中は格別のご指導を賜り厚く御礼申し上げます

旧年中は公私にわたってお世話になり心より感謝申し上げます

いつも相談に乗って下さり的確なアドバイスありがとうございます

○○プロジェクトでは貴重なアドバイスを頂き大変お世話になりました

ご指導をお願いする言葉の文例

本年もご指導の程宜しくお願い申し上げます

本年もよろしくご指導下さいますよう願い申し上げます

本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します

本年も昨年同様ご指導の程をお願い申し上げます

今年も相変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます

今年も一層のご指導ご鞭撻をお願いいたします

年頭にあたり 本年も変わらぬご指導をお願いいたします

新年の抱負の文例

今年は目標を明確に定め積極的に業務にあたりたいと思っております

○○さんの仕事ぶりを見習って今年は飛躍の年にします

○○課長のご指導をさらに活かせられるよう努める決意であります

今年は入社○年目これまでのご指導を更に活かせるよう努める決意です

今年は1件でも多く契約をとれるよう積極的な姿勢で業務にあたりたいと思います

入社○年目の今年はさらなる飛躍の年とするべく努力する所存です

昨年の経験を生かし今年も精進する所存でおります

昨年の経験を生かし今年はご期待に応えるべく精進する所存でおります

本年もご期待に添えるよう精進いたす所存です

未熟者ですが先輩方を見習いながら少しずつ成長していきたいと思っています

何かと至らないことも多くまだまだ未熟者ですが本年も宜しくお願いいたします

健康を気づかう言葉の文例

ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

ご家族の皆様にはご健康で幸多い一年でありますよう祈念いたしております

皆様お元気で幸多き年となりますように

皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます

この一年のご健康とますますのご活躍をお祈り申し上げます

年賀状に添える一言の組み合わせ

これらの文例はどれも1行の文ですが、それを組み合わせて相応しい文章にします。

まず書きたいのは昨年のご指導の感謝やお礼です。

次に今の状況に合わせて必要なことを続けましょう。

基本的には以下のような組み合わせがいいでしょう。

1.昨年のお礼 + 指導のお願い

2.昨年のお礼 + 新年の抱負

3.昨年のお礼 + 健康を気遣う言葉

1.昨年のお礼 + 指導のお願い

旧年中は公私にわたってお世話になり心より感謝申し上げます
本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します

2.昨年のお礼 + 新年の抱負

昨年は何かとご指導いただき厚く御礼申し上げます
今年は入社○年目これまでのご指導を更に活かせるよう努める決意です

3.昨年のお礼 + 健康を気遣う言葉

旧年中は格別のご指導を賜り厚く御礼申し上げます
ご家族の皆様にはご健康で幸多い一年でありますよう祈念いたしております
句読点はつけない?
年賀状の添え書きには「、」や「。」などの句読点はつけないのが通例です。

年初めのご挨拶に「区切りをつけないため」という意味や筆で書かれていた頃の名残ともいわれています。

関連する記事

上司の年賀状の宛名に役職は必要?横書きはダメ?手書きで書くべき?
謹賀新年の意味とは?目上に使うのは間違い?いつまで使える?
年賀状の一言添え書き。ご無沙汰な親戚に送るメッセージ文例
年賀状の書き損じ交換の期限は?手数料は?去年のハガキはダメ?
年賀状の宛名は夫婦連名にすべき?順番は?子供がいる場合は?
年賀状の返事はいつまで?書き方や文例は?遅れてしまったら?
年賀状の一言添え書き。取引先へのメッセージの書き方と例文は?

スポンサードリンク

あとがき

年賀状は印刷したままの状態ではあまりにも味気なくつまらないものです。

上司に送る場合は余白をあえて作ってでも一言添え書きを付け足した方が好印象です。

ついついご指導をお願いして安心しがちですが、自分はどうするのかということも大事なポイントです。

今年最初のご挨拶状ですから気持ちの伝わる言葉をおくりたいですよね。

また確実に元日に届くように早めに準備をしましょう。

頑張ってください。

スポンサードリンク

-年賀状
-