毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

食器

来客用カップおすすめは?いくつ揃えるべき?マグカップは失礼?

投稿日:

来客用のカップはどんなものがいいのでしょうか?

普段あまり来客がないとカップが足りなくていざというときに困りますよね。

一つぐらいきちんとしたものを揃えておきたいと思ってもどんなものを買えばいいのか迷う。

そんな人多いと思います。

そこで来客時のおもてなし用カップのおすすめをご紹介します。

ティカップ

スポンサードリンク

来客用カップおすすめは?

来客用のカップはどんなカップがいいのでしょうか?

お客様をおもてなしするのに大切なカップについてご説明します。

コーヒーカップとティーカップどっちがいい?

来客時に出すのはコーヒーでも紅茶でもいいと思いますが、お客様の中には時々苦いコーヒーは苦手という方がいます。

そのためどちらかといえば紅茶でサービスする方が無難かもしれません。

お客様とのお話に夢中になっていると飲み物が冷めてしまうこともあると思います。

しかしそんなケースでも紅茶なら美味しくいただけますが、コーヒーは苦味が増したように感じ美味しくはないでしょう。

また予算的にティーカップとコーヒーカップ両方を揃えるとなると結構な金額になるかもしれません。

そんなときはどちらにも使える兼用カップがおすすめです。

兼用カップとはどんなカップ?

コーヒーカップの特徴は口径が狭く筒型で高さがあるのが特徴です。

それに対してティーカップは口径が広く背が低いのが特徴になります。

兼用カップはその中間に位置するフォルムとなります。

例えばブランド食器でいえばウェッジウッドのリーやデルフィーという形です。

カップの口径や高さがティーとコーヒーの中間ぐらいなので兼用として使えて便利です。

またちょうどいい兼用タイプが見つからない場合は、ティーカップの中で高さがあるものを使うといいでしょう。

コーヒーカップの定番の形は筒型で容量も少ない小ぶりのカップというのが一般的ですので兼用には不向きです。

どこのブランドのカップがおすすめ?

現代はノーブランドでも使い勝手の良いカップはいろいろとありますのでブランド品に限る必要はないと思います。

しかし、せっかくの来客ですから普段使いとは区別して少しだけ良いカップの方がおもてなしとしてはいいかもしれません。

そこでおすすめなのがブランド品のカップ&ソーサーです。

ブランド品といってもデザインや価格帯も幅広く好みや予算に合わせて選ぶことができます。

ウェッジウッド

定番であれば、紅茶の国イギリスのウェッジウッドはおすすめです。

中でもワイルドストロベリーシリーズは歴史が長くメーカーを代表する絵柄です。

メリットとしては食器が割れたときにいつでも買い足しができるという点です。

シリーズには豊富なアイテムがありますので気に入れば少しずつ増やしていけます。

リチャードジノリ

リチャード・ジノリも古くからあるイタリアの定番ブランドです。

ベッキオホワイトシリーズは白を基調としたクラッシックなデザインで長く使っても飽きのこないデザインです。

また綺麗な白地に紅茶やコーヒーの色が映えます。

ただウェッジウッドと違い兼用カップはありません。

もし兼用として選ぶならコーヒーカップよりもティーカップがおすすめです。

イッタラ

イッタラは北欧フィンランドのカップです。

近年は北欧の家具や食器が人気がありますのでおすすめです。

中でもティーマシリーズは無地でシンプルなので流行に左右されずに長く愛用できそうです。

持ちやすく使い勝手が良いのと洗うときも食器洗浄機が使えるので便利です。

スポンサードリンク

来客用カップいくつ揃えるべき?

来客用としてカップはいくつ揃えればいいのでしょう。

洋食器は6客和食器は5客

セットとなると洋食器の場合は6客、和食器は5客というのが一般的です。

おもてなし用のセットが一つ揃っていればいざというときに安心ですね。

洋食器は元々セットでサービスするためにシリーズごとに統一されたデザインになっています。

そのように使うのが本来の洋食器の揃え方であり使い方になります。

6客は多い!?

現代のご家庭では6人が同じテーブルに揃うという場面が少ない方もいると思います。

そうなるとセットで揃えたいと思っても6客は多すぎますよね。

そういう場合は偶数単位(ペアセット)で揃えて必要に応じて買い足していけばいいと思います。

例えば初めに4客で揃えて来客が多いようなら2客買い足して6客にするという具合です。

ただ買い足しができるシリーズでないと、いざ必要なときに廃盤では最初から揃え直しになります。

そうなると結局ブランドの定番のシリーズがおすすめになるんですよね。

いろいろな柄を揃えたい

最近の傾向としていろいろなブランドのカップを揃えている人もいます。

それは自分が食器を集めるのを楽しみたいというのもあると思います。

また来客に色々なカップを楽しんでもらえるようにという思いもあるでしょう。

よく高級なブランドのカップをコレクションしている喫茶店などでも見かけますね。

個人的には本来の洋食器の揃え方ではありませんが現代の生活にはあっていると思います。

この揃え方をする場合、カップだけでなくケーキ用のプレートもカップと同じ柄にすると統一感がでます。

ケーキプレートは直径18cm~20cmぐらいがいいでしょう。

棚に飾るときもカップ&ソーサーの後ろ側にケーキプレートを立てかけると素敵なコレクションに見えます。

来客用マグカップは失礼?

来客時にマグカップを出すのは失礼なのでしょうか?

厳密な決まりはないと思いますが、和食器の場合でもお客様には茶托にのせて出しますよね。

洋食器の場合もカップ&ソーサーとして受け皿のソーサーをつけるのが一般的です。

ただ気心がしれて頻繁に立ち寄る近所のお友達ならマグカップでも文句は言われないと思います。

しかし結婚相手のご両親が来るなら、カップ&ソーサーの方がいいですね。

マグカップは普段使いでカジュアルな感じ、カップ&ソーサーは少しかしこまったフォーマルという感じですね。

スポンサードリンク

あとがき

来客用のカップといっても素敵なカップはいろいろとあり、揃え方もセットやコレクションと人それぞれです。

突然の来客時に困らないように今のうちに何か準備しておきましょう。

良い器で飲むと会話もはずんで幸せな時間を過ごせると思いますよ。

あとはお茶菓子だけですね。

スポンサードリンク

-食器
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.