暮らしのハテナメモ

毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

歓迎会

歓迎会の司会進行の台本は?挨拶の順番とセリフの例文は?

2018/07/08

司会

春は入社式や異動など多くの人が新しい環境で働き始める時期ですね。

歓迎会を開催する会社も多いのではないでしょうか。

その歓迎会の司会を任された場合わからないこともありますよね。

そこで

歓迎会の司会進行の台本は?

挨拶の順番はどうすればいい?

セリフの例文は?

これらの歓迎会のことについて調べてみました。

スポンサードリンク

歓迎会の司会進行の台本は?

歓迎会で初めて司会をするような場合はわからないということもありますよね。

そんなときに歓迎会の司会進行の台本があるといいですよね。

まずは歓迎会の全体の流れを確認してみましょう。

歓迎会の全体の流れ

1.開会宣言

2.開会の挨拶

3.乾杯

4.食事・歓談

5.新入社員・転入社員の紹介

6.新入社員・転入社員の挨拶

7.(出し物や余興)

8.食事・歓談

9.締めの挨拶

10.閉会宣言

歓迎会の大まかな流れはこのようになります。

司会者は全ての進行をしますが一番メインとなるのは

新入社員・転入社員の紹介です。

今日の歓迎会の主役を紹介する役目です。

他に挨拶するところといえば

開会宣言と閉会宣言

会の始まりと終わりの二つになります。

他は基本的に進行ですので、それほど難しくないと思います。

部署や肩書など注意

このような歓迎会では部長や課長など肩書のある上司に乾杯の挨拶や一言を頂戴しますので、間違いのないように事前に部署名や役職、名前など十分確認しておきましょう。

スポンサードリンク

歓迎会の挨拶の順番をどうすればいい?

上司に挨拶をお願いする場合、どの挨拶をお願いしたらいいのか迷いますよね。

歓迎会で上司がする主な挨拶というと

開会の挨拶

乾杯の挨拶

締めの挨拶

この三つの挨拶になります。

基本このような宴会の挨拶は以下のように順番があります。

・開会の挨拶・・・
会場で役職が一番上
例:部長

・乾杯の挨拶・・・
会場で役職が上から三番目
例:係長

・締めの挨拶・・・
会場で役職が上から二番目
例:課長

これらの挨拶は歓迎会の1~2週間前にはお願いします。

上司のスケジュールは常に変わることがありますので、当日に急な出張等で参加できないということもあります。

幹事や司会者は頼んだので安心ということがないように、早め早めに確認して対応するようにしましょう。

歓迎会の司会のセリフの例文は?

ここからは司会者のセリフ(台詞)について歓迎会の進行とともにみていきましょう。

開会宣言

これより○○株式会社の平成○○年度の新入社員歓迎会を開催したいと思います。
本日司会進行をさせて頂きます(部署・自分の名前)と申します。どうぞよろしくお願い致します。

開会の挨拶

はじめに○○部長よりご挨拶をいただきたいと思います。
川上部長よろしくお願いします。

乾杯

川上部長ありがとうございました。
それでは乾杯の音頭を山本係長にお願いしたいと思います。
皆様グラスのご用意をお願いします。

食事・歓談

山本係長、ありがとうございました。
では、しばらくお食事とご歓談をお楽しみください。

新入社員・転入社員の紹介

お食事とお酒をお楽しみ頂いていると思いますが、
ここで今年入社されました新入社員の皆さんをご紹介をさせていただきます。
こちらにご注目頂けますでしょうか。

新入社員・転入社員の挨拶

それでは先程ご紹介させていただきました新入社員のみなさん一言ずつ配属部署と簡単な自己紹介をお願い致します。

(出し物や余興)

では、これより新入社員の皆さんが準備した出し物になります。
みなさん温かい拍手をお願いします。

食事・歓談

このあとは、お時間までお食事とご歓談をお楽しみください。

締めの挨拶

では最後に坂口課長より締めのご挨拶をお願いいたします 。

9.閉会宣言

坂口課長、ありがとうございました。
それではこれで新入社員の歓迎会を終わります。
皆さん、お帰りの際は気をつけてお帰りください。
お疲れ様でした。

関連する記事

新入社員の歓迎会の挨拶で何を話す?好印象な自己紹介の例文はコレ!
歓迎会の乾杯の挨拶は何を言えばいい?ポイントと例文を紹介!
歓迎会の締めの挨拶は何を言えばいい?ポイントと例文を紹介!
歓迎会の案内メール本人宛の書き方は?新入社員や上司への例文
歓迎会の案内メールの書き方と例文!新入社員・異動・中途
歓迎会のお礼メールの書き方は?幹事・上司・社内宛て例文!
歓迎会お礼メールの一斉送信はダメ?BCCはどう?全員に送る方法は?

スポンサードリンク

あとがき

歓迎会も会社によって段取りや恒例のことが多少違うこともあります。

今年初めて司会を任された場合は、昨年担当した先輩に昨年度の歓迎会の様子などをさりげなく聞いて情報を集めておくといいかもしれません。

・昨年の反省点

・上司から言われたこと

このような情報をきいて、昨年と同じ失敗をしないようにしたいですね。

では、歓迎会の司会を頑張ってください。

スポンサードリンク

-歓迎会
-