毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

台風

熱帯低気圧とは?温帯低気圧や台風との違いは?

更新日:

天気図

夏になるとよく耳にする熱帯低気圧という言葉。

でもどんな低気圧なのでしょう。

よく似たものに温帯低気圧がありますが、何が違うのでしょうか?

また熱帯低気圧と台風にはどんな違いがあるのでしょうか。

そこで熱帯低気圧についてご紹介します。

スポンサードリンク

熱帯低気圧とは?

熱帯低気圧とは何でしょうか?

簡単に説明すると

熱帯低気圧を簡単に説明すると、熱帯地方の海水温が26℃以上と高い海洋上で発生する低気圧のことです。

この場合、熱帯地方とは緯度が低く年中温暖な地域のことです。

ただ赤道付近(北緯5度~南緯5度)では発生しにくく、北緯5度~北緯25度の間での発生が多くなります。

発生する海域で多いのは日本の南からフィリピンの東の海域、またベトナムの東の海域です。

特徴は?

熱帯低気圧は前線を伴わないという特徴があり、等圧線を書くとまん丸に描かれる低気圧になります。

またこの熱帯低気圧は陸上では発生しません。

スポンサードリンク

熱帯低気圧と温帯低気圧の違いは?

熱帯低気圧と温帯低気圧の違いは何でしょうか?

まず温帯低気圧の発生場所は中緯度の温帯であるということです。

台風が北上して温帯低気圧に変わるというのが一般的なでき方です。

また温帯低気圧は南北で温度差があり、温暖前線と寒冷前線など前線を伴う点が熱帯低気圧とは大きく異なります。

構成されている空気も熱帯低気圧は熱帯の暖かい空気だけに対して、温帯低気圧は暖かい空気と冷たい空気が混ざっています。

熱帯低気圧と台風の違いは?

熱帯低気圧と台風の違いは何でしょうか?

台風は北西太平洋や南シナ海にあり、最大風速が約17m/s(34ノット)以上のものになります。

熱帯低気圧との違いは、この風速です。

つまり熱帯低気圧でも最大風速17m/sに満たないものは台風とは呼ばれませんが雨風も強く接近したときには注意が必要です。

またこの台風自体は発生地域により呼び方が異なります。

太平洋西部ではタイフーン、カリブ海周辺ではハリケーン、インド洋や南太平洋西部ではサイクロンと呼ばれます。

関連する記事

台風の対策!窓ガラスや食料や通勤の服装は?発生時期や回転と進路や気圧
台風はいつから発生する?いつまでくる?何月が多い?
台風は右側と左側で強さが違う?左回りの理由は?北東に進むのはなぜ?
台風のとき窓ガラスは風圧で割れる?雨戸は閉める?対策はフィルム?
台風の備え食料はどうする?備蓄しておくべき食べ物一覧!
台風の備え!家や食料はどうすればいい?防災グッズでおすすめは?
台風ヘクトパスカルとは?数字は小さいほど強い?中心気圧の測り方は?
台風の通勤の服装はどうする?自転車や徒歩で注意することは
台風窓ガラス対策!養生テープ・ダンボール・新聞紙・飛散防止フィルム
温帯低気圧とは?前線の特徴は?台風との違いは?

スポンサードリンク

あとがき

熱帯低気圧についてご紹介しました。

熱帯で暖かい空気を集めてできる熱帯低気圧は風速が強くなると台風と呼ばれ北上してきます。

また中緯度にくると冷たい空気がまじり台風としての勢力が弱まり温帯低気圧になっていきます。

スポンサードリンク

-台風
-, ,

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.