毎日の生活の中でハテナと疑問に思うことをメモしてみました。

暮らしのハテナメモ

台風

台風のとき窓ガラスは風圧で割れる?雨戸は閉める?対策はフィルム?

投稿日:

台風 窓ガラス

夏から秋にかけては多くの台風が発生しますよね。

その中には上陸して大きな被害をもたらすものもあります。

そんな台風の接近が予想されるときに自宅で心配するのは窓ガラスではないでしょうか。

強風や風圧で割れたりしないか心配ですよね。

そこで台風が接近した場合の窓ガラスの対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

台風で窓ガラスは風圧で割れる?

台風で雨風が強くなると窓ガラスは揺れ、雨は叩きつけるように吹き付けます。

そんなとき心配になるのが窓ガラスです。

もし割れたりでもしたら室内は水浸し、割れたガラスの破片でケガをするかもしれません。

台風の風圧で窓ガラスは割れてしまうのでしょうか?

窓ガラスは、ある程度の風圧に対して割れないように設計されています。

そのためもし台風の風圧で窓が割れるようなことがあれば、とても稀なケースといえるでしょう。

しかし風圧で窓ガラスが割れないとしても他の原因でガラスが破損するかもしれません。

台風で窓ガラスが割れる原因は?

それは飛来物です。

家の周りに強風で倒れたり飛んでくるものがあれば、それらが窓にぶつかりヒビ割れしたり最悪の場合は粉々に割れてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

台風のときに雨戸は閉める?

最近はマンションをはじめ雨戸がないところも多いと思います。

しかしもし雨戸があれば万が一のために閉めた方がいいでしょう。

そのときの台風の規模や状況にもよりますが、飛来物はどこから飛んでくるかわかりません。

閉めるかどうか迷っているなら閉めておいた方が安心です。

また雨戸を閉めるタイミングが重要です。

雨風が強くなってからでは窓を開けることもできません。

天気予報などを確認して接近することがわかっているなら雨風が強くなる前に閉めておきましょう。

マンションに雨戸がないのはなぜ?

マンションに雨戸がついていない理由は雨戸落下による被害を防ぐためです。

台風など強風時に雨戸が外れて飛ばされると高層階から落下した雨戸は周辺の家屋や通行人にぶつか大変危険です。

そのため窓そのものが2重サッシや強化ガラスになっていて雨戸がなくても大丈夫なようになっています。

台風で窓ガラス対策にフィルムがいい?

雨戸がない場合は窓ガラスへの飛来物対策として飛散防止フィルムがおすすめです。

飛散防止フィルムは透明なものから半透明のものなど色々な種類があります。

フィルムを貼ることは台風時に窓ガラスが割れたときの飛散防止以外にもメリットはあります。

・冷暖房の効きが良くなり節電の対策にもおすすめです。

・フィルムによっては紫外線が大幅にカットされるものもあります。

・半透明など目隠しに役立つフィルムがあります。

飛散防止フィルムが用意できない場合の対策は?

一番手っ取り早いのはカーテンを閉めることです。

突然窓ガラスが割れた場合でもカーテンが閉めてあれば、室内に飛び散るガラス片は最小限に抑えられます。

他には段ボールを窓の外からしっかりとガムテープなどで固定して強風で飛ばないようにすることです。

そうすることで飛来物がぶつかったときの衝撃を和らげることができます。

スポンサードリンク

あとがき

台風のときの窓ガラスの対策についてご紹介しました。

台風の風圧ってすごそうですが窓ガラスは多少の風圧では簡単に割れないように設計されています。

窓ガラスが割れる一番の心配は飛来物です。

なのでベランダや庭にあるもので強風で飛んで来そうなものはあらかじめ屋内にしまっておくようにしたいですね。

また動かせないようなものは紐や針金で括り付け固定するなどした方がいいでしょう。

台風が上陸し接近してから作業するのは雨風の中大変ですので早め早めに準備しておきましょう。

スポンサードリンク

-台風
-

Copyright© 暮らしのハテナメモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.